「パソコンでお絵描き」 Illustration Blog

PCイラストのブログです。 最近は老母の介護ブログかも・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園をお散歩 No.344

 今日は午前中に母をクリニックへ連れて行って、天気が好かったのでその後少し散歩して戻りました。

 団地周辺は適度に坂や階段があって良い運動になるし、団地内の公園は日当たりも良く母子連れが多いので母にも良いみたいです。 母は何もしないでいるとすぐに寝てしまいますが、子供と同じで目の前にあるものには興味を示しますから。

 ともかく歩かせることと食事や睡眠の時間を決めることを心がけているので、今日の母の血圧は140~85とほぼ正常値だったみたいです。 もっとも私自身は自分の血圧も体重も測ったことありませんけど・・・ 



スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

日帰り・とんぼ返り No.343


 今日は二週間ぶりに埼玉のアパートへ戻り、用を足してからまた横浜に戻って来ました。

 二週間部屋を空けると郵便受けはゴミ広告でいっぱいになっているし、発信音だけの留守電やメールのチェックもしなければなりません。

 今回のメインは既に出来ている確定申告書を投函することでしたが、どうせ切手を貼って出すのであれば横浜からでも良かったかも・・・
 それから免許の更新通知も来ていたので、近い内にまた戻らねばなりません。 自分のウチに戻ったのにあまりのんびりもできず、必要な物をバッグに詰めて1時間ほどで戻ることにしました。 埼玉⇔横浜は急行を乗り継いでも2時間くらいかかるので、最低でも5時間は必要です。

 少し時間に余裕があるから――と横浜で降りたのが間違いで、結局探していた物は見つからずに歩き疲れて帰宅しました・・・
 母には昼食にお寿司などを用意して勝手に食べさせておいたのですが、戻ってからすぐにほうれん草などを茹でて夕飯の仕度です。 温めるだけの鯖の味噌煮が結構おいしく母も喜んで食べましたが、一番喜んだのは腹ペコで戻った自分自身でした。 (感涙)




テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

雨の日のお出かけ No.342


 今週は雨の日と晴れの日が毎日入れ替わりで、今日は朝から雨です。 こんな日は母を連れて外に出たくはないのですが、クリニックに行く日なのでそうも言ってられません。

 片手に傘、片手で母の手を引いて、帰りには買い物袋も提げて――となると歩くのも大変ですが、これも母の運動になると思えば寝ているよりは良いでしょう。
 クリニックでの検診では、母の血圧は正常値とのことだったので一安心です。

 ところで天気予報によると「午後からは風雨が強まって荒れ模様の天気になるでしょう」―と言うことなので午前中に出かけたのですが、何だい夕方になって晴れてきたぢゃないか。 (ど)



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

母と散歩と○○パッド No.341 


 このところ雨の日と晴れの日が一日置きで、季節の変わり目にありがちな天気の変化が続いています。

 今日は晴れたので昼に母を連れて散歩に出ました。 母はトイレが近いので出かける前に入らせてから行くのですが、それでも20分も歩くと「オシッコしたい・・・」となりました。
 そこで役に立つのが先日から使っている老人用の尿取りパッドで、戻っている時間も無いのでその場で用を足しましたが、帰ってから下着を取り替えてもぬれていません。 介護用オムツほど大袈裟でもなく、本人も安心できるみたいなので助かっています。

 先日のニュースによると軽度の失禁は老人のみならず年配の方や若い女性にもあるそうで、こうした○○パッドは隠れたヒット商品だそうですね。 たっぷり吸水してくれて匂いも漏れもないし、前にも書いたけど何か良いネーミングを付けたらもっと気軽に使ってもらえると思います。 私も歳をとったら使ってみようかな・・・

本日の教訓: お供(そな)えあげれば ゆうれい無し (机の後ろが仏壇なので・・・)



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

おばあさんは寝ています No.340


 母は食事とTVを見ている他は大抵コタツで寝ています。 その方が手間がかからなくて良いかと言うとそうでもなくて、夜中に何度も起きるからかえって困るのです。

 昨日みたいに天気が好い日は散歩や買い物に連れて行くのですが、今日みたいに一日小雨の日はそうも行きません。 せめてはTV体操の時間に一緒に腕だけでも動かしたりさせているのですが、既に怠け癖がついてしまっているのでなかなか難しいです・・・


 今日は週二回のクリニックへ連れて行きましたが、母と同じ様な杖や車椅子の老人がほとんどであまり絵にはならないので、ずっと鉢植えの花を眺めていました・・・

 母は血圧が高いということなので、食事はインスタントや弁当など塩分の多い物はやめさせて、なるべく私が作って食べさせています。 色々と試してみたけど、普通にご飯に味噌汁に焼き魚といったメニューにするとちゃんと食べてくれます。 後は野菜や煮豆などですが、その方が自分にも合いますしね。 こちらに来てから久々にアジや鮭の切り身など焼いております。 胚芽米もコクがあって結構おいしいですね。



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

新 Paintgraphic2 (ペイントグラフィック2) No.339



 二千円の廉価版ソフトとしてはかなり使えるグラフック・ソフトの「ペイントグラフィック」が、2月2日から「Paintgraphic2」として発売されました。
 これまで特に大きな不満もなく使っていましたが、改良して欲しい点の一つであるカラーピッカー(色の作成)が少し大きくなっていたので、多少の期待も込めて新たに購入し試してみました。

 Windowsの「ペイント」に比べるとかなり複雑でツールが沢山あるので、この手のソフトに不慣れな方は慣れるまで大変ですが、グラフィック・ソフトとしては割とバランスがとれて使いやすいと思います。

 これまで使っていた人であれば特に違和感なく使えますが、試してみたら悪くなってしまった点も幾つかあってちょっと残念でした。 結論から先に言うと、前バージョンを持っている方には必要無いでしょう。 特に目新しい機能もありませんので。

ツール・ボックス: (新旧比較・ほぼ原寸大↓)

 Paintgraphic はツールボックスが一まとめになっていて使いやすいだけでなく、上のツールバーの矢印をクリックすると上や左右に収納できてマウス・ポインタを当てた時だけ現れる――という使い方もできるので、画面の狭いPCにも有効です。 ツールが一つ一つバラバラのソフトは使いにくいですからね。

 これまでは別ウィンドウだったフィルター(画像にモザイクとか色んな効果を付けるもの)がツール・ボックスに入ったので、画面はスッキリしました。

ブラシ・ツール: 

 今回の改訂版で一番残念だったのがブラシ・ツールの改悪でした。

 新旧のウィンドウを見れば一目瞭然ですが、ブラシの配列が一列になって見づらくなりました。 初期設定では縦二列の12通りしかありませんが、右クリックして「ブラシ登録」とすれば何十通りにも増やせますから、これまで通りロットリングみたいに1ピクセル増しで太くしたブラシを並べておくこともできます。 ブラシの形状は丸のみで、1~5ピクセルまでは四角で、形状の設定はできません。 カスタム・ブラシに斜めや点線などがありますが、あまり種類は無いです。

 それからブラシの太さを可変するスライダーは結構大きく使いやすかったのが、これも廃止されて数値で可変するタイプになりました。 でもこの手のものは使いづらいです。 余計な機能を増やしても一番必要とするツールを削ってしまうのでは何にもなりません。

ブラシの濃度:

 ブラシの設定には「太さ」の他に「ステップ」と「濃度」があります。
 ステップは小さな点のつながりで、数値を小さくする程なめらかなつながりになり、大きくすれば点がばらまかれた様になります。
デフォルト(初期設定)ではステップが25、濃度が50 に設定されていますが、これだとぼんやりした輪郭の線になりますので、濃度を上げればクッキリした線を描けます。 好みの線を作りましょう。


筆圧感知機能: 

 Paintgraphic2 はペン・タブレットの筆圧感知機能に対応していますので、強弱や濃淡を付けた線が描けます。
 「筆圧」の「透明」と「縮小」にチェックを入れて使いますが、透明=濃淡、縮小=強弱とした方が判りやすいでしょう。 英語のソフトウェアを翻訳したツールって、大抵こんなものです。 翻訳をする人は、まず日本語の勉強をしてからにして欲しいものです。

 上は絵の具の濃度を「不透明度」のスライダーを使って薄くしたものです。

カラーピッカー: 

 色を並べた「カラーパレット」の他に、自由に色を作れる「カラーピッカー」も選べます。 
この他にグレーもありますし、グラデーションも作れます。

 RGBは ed  reen  lue の光の三原色で、PCのディスプレイ上で色を再現するのに使われます。

 HSV色相彩度明度で色を作るやり方です。 右にある縦のスライダーは H (色相)になっていますが、上にある S (彩度)や V (明度)をクリックすると好みのものに変えることができます。

 HSLは色相・彩度は同じでも、明度(alue)の代わりに輝度ightness)が入ります。
このHSLは今回新しく加わったもので、この形のピッカーは「Painter」や「Pixia」などで使われているけど、慣れないとやりづらいですね。 こちらも縦のスライダーは上の SL をクリックすることで変えられます。
 Windows標準(「ペイント」など)はこのHSLですが、形が違いますね。 Windowsでは L を「明るさ」と訳しているのでややこしいです。

 HLS色空間を使う代表的なアプリケーション・ソフトとしては Microsoft Windows (ペイントなど)、CSS3、Paint Shop Pro など。
HSV色空間を使う代表的なアプリケーションとしては Max OS X、Photoshop、Illustrator など。
 両方をサポートするアプリケーションもある。 「ウィキペディア(Wikipedia)より」

 RGBやHSLなどの用語は→ CGとデジタル用語辞典【2D】 

 どれでも作った色は左のパレットに表示され、9色まで履歴が保存されます。 下の小さな白黒をクリックすると白黒の基本色に戻るのも便利で、グレーなんかは黒の明度を上げれば作れますしね。 サイズが少し大きくなったので期待していたのですが、やり方が変わったしブラシも使いにくくなったので、まだ実用では古い方のペイントグラフィックを使っています・・・

レイヤーについて: 

 レイヤー(階層)は慣れないと面倒に思えますが、使い慣れると便利なツールです。 ペイントグラフィックの場合はマスキング・ボタンがあって更に便利ですし、各層で透明度を変えられますから、かなり色んなことができます。

 レイヤーを使う場合のコツは、新しいキャンバスを開いたら、その上に「新規レイヤー」を一枚かぶせてから描くことです。 そうすると下に別の背景を入れたりするのも簡単ですから。

 現在使っているアクティブなレイヤーは枠で囲まれていて、「新規レイヤーの作成」をクリックするとそのアクティブ・レイヤーの一段上に新しいレイヤーが入ります。

キャンバスの解像度: 

 この手のツールを使っていて戸惑うのがピクセルやインチで表される数値です。

ppi (pixels per inch/1 インチあたりのピクセル数)
dpi (dots per inch/1 インチあたりのドット数) 1inch≒25.4mm.

 要するに1インチ当たりどれくらいのドット数(あるいはピクセル数)かということで、解像度は一般的に 72dpi(ppi) で、数値を大きくすればより細かく出来ますが、デジカメと同じでその分容量は大きくなります。

 参考までに、比較的初心者向けのペイント・ソフト「水彩」では、
低 44dpi ・中 72dpi・ 中高 96dpi・ 高 144dpi となっています。

 解像度 72ppi の場合、1ミリ≒2.8 ピクセルですから、640×480 pixel というのはミリ表示に切り替えると 226×170ミリということになります。
 Windowsの「ペイント」でキャンバスの規定値は640×512 ピクセルで、cm単位表示に変更すると 16×12 cm となりますから、4ピクセル≒1ミリとなって、解像度は約100ppi ということになりますね。

ついでにRGBのビット数:
 RGBの各色ごとに明るさが調節されることで、様々な色と様々な明るさの色が表現される。表現できる色数は、各色に割り当てられた容量によって異なり、例えば各色に2ビットが割り当てられると64色4ビットでは4096色8ビットになると1677万7216色が表現可能となる。 ( IT用語辞典バイナリより) 
 つまり、2ビット=8?色・ 4ビット=8?色・ 8ビット=8の8乗色 ということですね。 
最近では16ビットというのもあります。 計算できませんけど・・・  

 ペイント・ソフトはどんなに解像度を上げても小さなドット(点)の集まりで、ギザギザのジャギーが出ます。 それがペイント・ツールの持ち味でもありますから、それが嫌な場合はドロー系のツールを使います。 ドロー・ソフトはまた別の使いにくさもあって、一長一短というところでしょうか。

 同じく二千円ソフトでドロー・ソフトとペイント・ソフトの両方が使えて3Dなども出来る
PhotoImpact7(フォトインパクト7) は最強の廉価版ソフトです。 
PhotoImpact11 の古いバージョンを安く販売している訳ですが、この手のソフトに不慣れな方にはすごく煩雑ですからお勧めはしません。 でも使いこなせるならかなりお買い得感のあるソフトウェアです。 使わなければ、たとえ二千円でも宝の持ち腐れですけどね。 

図形フィル: 
 フィルというのは内側の塗りつぶしツールのことで、特に私が気に入って使っているのは右にある「ポリゴン・フィル」というツールです。 

 操作を「クリック」にしておくと文字通りポリゴン(多角形)が描けますが、「ドラッグ」にするとフリーハンドで自由な線が描け、線の始点と終点がつながったところで色面が出来上がります。

 これは切り絵や輪郭線の無い形を描くのに最適で、操作を「クリック+ドラッグ」とすると直線と曲線を描き分けられます。

 これはポリゴン・フィルを使った切り絵風のイラストですが、輪郭線を描いてから色塗りするよりずっと早く描けます。

保存画面: 
 今回の改訂版ではファイルを保存したり開いたりするウィンドウが大きくできるようになりました。 これまではサムネイル表示にすると二つしか並ばず画面をドラッグして大きくすることも出来ず使いづらかったのですが、これで他のソフトと同じように自由なサイズにして使うことができます。 こうした細かい点の改良はうれしいですね。

ガイドムービー: 
 今回はガイドムービーなるものが付いていますが、読み込みに1分くらいかかるだけでなく、簡単な文字入れとフィルターの使用例くらいで大した参考にはなりません。 この手のソフトは自分であれこれいじって覚えるしかないですね。

マニュアル: 
 他にもWindowsの「ヘルプ」タイプのマニュアルが付いていますが、このタイプって読みにくいと思います。
 前回のPDFファイルの方がプリントするのもやりやすいと思うのですが、でも廉価版ソフトや付属ソフトは大抵こんなものです。 その内解説書付きのものが出るかも・・・

トリミング: 
 これまではクロップツールのような画面のトリミング機能が無かったので、選択枠で囲んだ後で「編集」→「ドキュメント変更」→「選択範囲外を削除」としないとトリミングができませんでした。
 今回も手順は同じながら、「ドキュメント変更」の後に「トリミング」が付いて、クリックすると画面が現れます。 キーボードのショートカット・キーでも手順は同じなので一発では出ませんが、多少の進歩というところでしょうか。 画面が小さく表示されるから、かえってやりにくいかも・・・? 

 今日は久々に絵やペイント・ツールの話題ですが、時間があれば実際の作例などもお見せしたいと思います。 でも正直なところ、まだ古いペイントグラフィックの方が使いやすいのであまり使っていません。 せっかく買ったのだから、せいぜい活用しないと・・・

※昨年1月にやった Paintgraphic の特集記事 はこちら。(+フリー・ソフト特集)

このソースネクストの「Paintgraphic」もアイフォーの「The Graphics ペイント」も同じHYPER KiD インターネットパックというソフトをリファインしたものですから、基本的にはそんなに変わりません。




テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

おばあさんといっしょ No.338

  

 母と一緒だと、どこへ行くにも時間がかかります。 自分一人だと2分くらいで行ける場所でも10分くらいかかり、更に上り坂だと20分くらいかかるので余裕を持って出かけないとなりません。

 今日は週二回のクリニックへ点滴(10分くらい)を受けに行ったのですが、ほとんど老人ばかりで待ち時間の方が長かったくらいです。 天気も好かったので、少し団地内の公園を散歩してから帰りました。 小さな子供連れのおかあさん達が多く、人生の始めと終わりを見ているみたいです。

 私が物心ついた頃には母は内職をしていたし、歩ける頃になると保育園に入れられてサッサとパートタイムの仕事に行ってしまったので、手をつないでもらった記憶がほとんどありません。 現在は母と手をつないで歩いていますが、そうしないと小さな子供と同じでまっすぐ歩いてくれないのです。 まだ自分の脚で歩けるだけ良い方ですけどね・・・

※こちらに来てから二週間になりますが、埼玉の留守電からこちらに電話して下さる方もいて、昨日で二件の仕事(機械加工の方)をお断りしました。 こちらでは工具も無いし、作業ができないのです。 独りに戻るまで機械の方はお休みいたしますので、ご了承下さい。
 イラストの仕事が来たとしても、現在の状態ではできるかどうか判りません。
ともかく今は母のことを中心にやっていますので、それ以外のことは二の次ですね。



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

春の嵐 No.337


 今日は朝から雨でした。 日差しが無い分寒々として、散歩にも行けず母は寝ています。

 昼には雨も止んだのでそのまま晴れるかと思っていたら、次第に風が強まり荒れ模様の天気になってきました。 時折雨も混じります。
 夕方買い物に出たら生暖かい南からの風で寒くはありませんが、とても二月とは思えない変な天気で、小雨も混じりますが傘は差せません。ニュースで「春一番が吹きました」―と言っていたけど、どう考えてもそんな生やさしいものではありませんでした。

 今日の母は時々食事やトイレに起きるくらいでほとんどコタツで寝ていましたが、昨日クリニックへ連れていったら医師から「血圧がだいぶ良くなっているけど、何かしていますか?」――と聞かれました。 少しは食事や散歩の効果が出始めているみたいです。
 夜寝てくれないと、一番困るのは私ですけどね・・・(眠っていられない)



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

丘の上の団地生活 No.336


 現在暮らしている団地周辺は丘を切り開いて作られたみたいで、一番近い地下鉄の駅でも歩くと15分かかりますが、埼玉へ戻る時は東横線の白楽駅まで20分かけて歩きます。 バスも走ってはいるけど210円と高いし、待っているより歩いた方が早い時もあります。  何よりタダだし・・・

 今日は祝日だったけど仕事が入り、こちらには道具が無いので修理する機械を入れた6Kg.のバッグを提げて駅まで歩きました・・・埼玉に戻るのは一週間ぶりだけど、随分と経ったような気がします。


 埼玉の部屋に戻って仕事を片付けて荷物を発送し、それから横浜へ戻って来ましたが、空(から)のバッグにプリンターを入れて来たので帰路は8kg.に増えていました・・・
 横浜に出たついでに東急ハンズで買い物し、ものはついでなので横浜からも歩きましたが、今度は上り坂ということもあり35分かかりました。
 でも坂を上った辺りできれいな夕日が見られたし、私の場合はこれをエクササイズと考えるのです。 何よりタダだし・・・

 まだ二月のはずなのに今日は春みたいな陽気で、戻る頃には汗をかきました。



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

坂道の町 No.335


 現在暮らしている横浜の団地は坂の上の方にあるので、どこへ行くにも坂を上ったり下ったりします。

 何を隠そう私は坂道や階段が大好きで、これまでは用もないのに歩道橋を渡ったりしていたくらいでした。 歩いていて楽しいのは変化のある道で、一番つまらないのは舗装された平坦な道路ですからね。

 現在は母の事が中心で、朝起きたらまず母のことをやってから掃除や着替えなどをして、それから近くを少し散歩しています。 
 うちから生協までは歩いて2分くらいですが、母と一緒だと10分かかり、帰りは急な上り坂なので20分くらいかかりますので、一緒の散歩は団地内の公園がメインとなっています。 もう少し暖かくなったら、少しづつ距離をのばそうと考えておりますが、問題はトイレですね・・・

 母はトイレが近くてすぐにトイレに行きますが、時々間に合わなくて自分でパンツを洗っているみたいなので、軽い尿漏れ用のパットを買って来ました。 介護用オムツほど大袈裟なものではなく、パンツの中に敷くタイプのものです。 昨夜お風呂の後で試してみたら別に嫌がる様子もなく、スンナリ使ってくれたのは意外でしたが、本人も安心できるみたいです。

 私は男だから判らないけど、生理用ナプキンの老人版とでも言えば良いのでしょうか? 何か良いネーミングを付けてあげたら、もっと自然に使ってくれるだろうと思います。
 これで少しは遠出ができるかも・・・?


テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

母の入浴 No.334


 うちの母は風呂好きだったはずなのですが、風呂に入れようとしてもあまり入りたがりません。 一昨日風呂に入ってもらった時にもすぐに出てしまうので、最初は歳をとって不精になったからだと思っていました。

 昨日は安心したのか20分くらい入っていて、時々声をかけないと心配になるくらいでしたが、その後裸でこちらの部屋にやって来て「背中を拭いて」―と言います。 88歳になった老母の体は岩の様にゴツゴツで見られて困るものではなくなっていましたが、一人では体を拭けなかったのですね。
 服を着るのも一人ではできないので、それで遠慮していたのだと判りました。 「よその人では頼めないからね」―と言っていたので、決して風呂嫌いになった訳ではありませんでした。

 その後も気持ち良さそうに眠って、いつもなら夜中に何度もトイレに起きてこちらまで目が覚めるのですが、今日は朝までグッスリでした。 私も安眠できて、これで何とかなりそうです。 今日は週に二回のクリニックへ行く日でしたが、手をつないで歩くと具合がいいのも判りました。 子供と同じ感じですね。 

 母の世話をしていると自分のことがあまりできないのでこれも話をしながら描きましたが、しばらくはこんな感じのスケッチ風イラストになりそうです。 それでもPCだからできる早業(はやわざ)で、インターネットにつながる便利さも実感しています。(やっと使えるようになりました) 現在の私にとっては良い息抜きですね。



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

新・横浜団地生活 No.333


 今週から横浜の母の団地での準・介護(?)生活が始まりました。

 これまで物置代わりにしていた部屋を片付けて、そこにPCと最小限の荷物を押し込んで何とか暮らしております。 公団住宅の畳は160cm×80cmの公団サイズで六畳でも四畳半位の感じになり、そこに色んな物が置かれているので更に狭くなります・・・

 二十歳の頃、六畳一間のアパートを借りて一人暮らしが始まりましたが、あの頃は何も無かったので随分と広く感じたものでした。 でも20年ほど前に行った2月の中国の大学寮での四人部屋の生活に比べればマシな方だし、あそびに来ている訳ではないのでこれでも充分です。 テントでのキャンプ生活に比べれば広いし・・・

 ※ここは北西寄りのフローリング(板の間)で、結構寒いです・・・



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

これでブロードバンド? No.332


インターネット新時代?:

 埼玉の方のプロバイダーを 潤・ifty に変更してADSL1Mが16Mになったら、モデム代が無料で月々2100円になっただけでなく、回線速度も速く快適になりました。

 横浜の方も同じ条件なので少しは期待していたのですが、先週ADSLモデムの接続をしたらインターネットにつなぐことすらできず、翌日プロバイダーに連絡して何とかつながったものの速度が遅くてとてもブロードバンドとは思えません・・・団地内だと電話回線の状態が○×△□――とか何とか説明だか言い訳は並ぶのですが、要するに条件が悪いと言うことなのでしょう。

 埼玉の方ではダウンロードで4.5Mbps とそれなりに速くなりましたが、こちらでは480kbps と1/10くらいの重たさで、アップロードに至っては320kbps しか出ないので更新するのも一苦労です。 とても日本にいるとは思えません・・・

 本日プロバイダーに電話したら、とりあえずモデムを交換することになりましたが、同じ団地内の妹宅でも甥っ子が「遅い」と嘆いているそうなので、あまり期待はしていません。 まあ、どこかの島にでも流れ着いたつもりで新しい人生をスタートすることにいたしましょう。 光ファイバーの時代にADSL申し込んでる自分も古い人間ですけどね・・・

 ※8日に新しいADSLモデムが送られてきたので交換してみたらかなり良くなったから、やはりモデムが原因だったみたいです。 今回はキャンペーンでモデム無料プレゼントということでしたが、光ファイバーに乗り換えた人の古いモデムだったのかも・・・
 無料だからあまり文句も言えないけど、そのお陰でかなり苦労しました。



横浜生活の始まり:

 本日は埼玉の部屋の生ゴミを出し、冷蔵庫の中も全部空にしてから横浜にやってきて、老母と一緒の生活が始まりました。
 片手にヌカ床や味噌や米などの入った10kg.のバッグ(戦時中を思い出します・・・)、もう片方の手にはスキャナーとペン・タブレットと鉢植えのシクラメンを下げて電車に乗りましたが、団地まで歩くだけでも疲れました・・・

 今夜は夕飯の片付けの後でペン・タブレットの接続やソフトのインストールなどをやってからブログに向かっておりますが、ソフトの設定とか全然やってないので他人の家のPCで更新しているみたいです。 キーボードのキーがやたらと重たくて指や肩が凝るし、インターネットも重くてなかなか開けないし――でもまあ、初心に戻ってやってみるといたしましょう。

 初日の今日は、ただただ疲れました・・・風呂入って寝よっと。



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

確定申告 No.331

 来週から横浜の老母と一緒に暮らすことにしたので、今週中に確定申告を片付けてしまおう――と申告書に向かっております。

 元々金勘定が苦手な上に帳簿付けをサボっていたものだから、一向に進みません・・・ 計算ではなく、堅苦しい書式類が嫌いなのです。 ウチの場合は個人でやっているので会計ソフトを使うほどではなく、十年以上毎年自分でやっているから慣れていてもよさそうなものですが、毎年赤字のこともあってどうもヤル気になれません・・・

 今年はインターネットでも申告ができる e-Tax (イー・タックス)というのがあるそうなのでHPを開いてみましたが、さすがは税務署のやること、電子証明書の取得をして、e-Tax ソフトをダウンロードして――と、手書きにして送る方が早いので止めました・・・


 5年前に買ったミニ・シクラメンが今年も花を咲かせ始めています。 市販のものに比べたら遅咲きですが、今年は暖冬のせいか一月ほど早いですね。
 形が不揃いですが、花の後でも観葉植物みたいに窓辺に置いておくと秋にはまた芽を出すので、健気(けなげ)で捨てるわけにもいきません・・・これも最終日には横浜へ持って行くつもりですが、他にもぬか床とか持って行くものは色々あります。 宅配便で送る訳にもいかないので、両手にぶら下げて電車に――乗れるかな・・・?



テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。