「パソコンでお絵描き」 Illustration Blog

PCイラストのブログです。 最近は老母の介護ブログかも・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配水管の清掃作業 No.418


 昨日は配水管の清掃作業があって、台所の流しと風呂場の配水管の清掃が行われました。 作業員の人が外のポンプ車からつながっている長いホースを排水口に差し込んで、 すごい勢いの水流とブラシで清掃するのであっという間にきれいになりました。 パワージェット高圧洗浄車とか書いてありましたが、ついでに浴槽やトイレもやってほしかったくらいです。

 団地では毎年定期的に行っているそうですが、埼玉のアパートではそんなことやらないから、以前流し台の下から水漏れしてパイプを外したらすごいことになっていました。 丁度動脈硬化の血管みたいに蛇腹ホースの中はゼリー状の脂でビッシリ詰まっていて、風呂場で掃除したけど大変でした・・・

 先日は火災報知器の検査も来たし、色々とやってくれます。 集合住宅だから車やオートバイの騒音とか、粗大ゴミの不法投棄とか問題もありますが、一人暮らしの老人には便利なサービスでしょう。 今年は私がいますけど・・・
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

専属スタイリスト No.417


 母は典型的な着たきりスズメで、服を着たまま寝てしまいます。 放っておくと下着も替えようとしないので、風呂に入らない日でも紙パンツと靴下などは毎日交換します。

 私も着るものに関しては割りと無頓着で、清潔にして着心地が良ければそれでいいのですが、母の場合はそうも行きません。 食事の時に服が汚れるからとエプロンをするのですが、そのまま出かけようとしたり、エプロンをしたまま寝たりするので注意してます。

 外に出る時も大抵はシャツや下着がズボンからはみ出しているので、まずはキチンと身だしなみを整えてから出かけます。 引越しの時に服は沢山持ってきて、箪笥や押入れやクローゼットの中に色々あるのですが、ワードロープと言えるものはごくわずかです。

 その中からなんとか着られそうなものを選んで私が着せていますが、何しろ服飾には興味ないしセンスも無いので、出来上がる格好も推して知るべしですね。 この親にしてこの子あり――といったところです。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

歯医者・その4 No.416



 先月から歯の治療を始めて、昨日で二本目の治療が終わりました。 でも後一本残っています・・・

 歯科医院は午後の空いている時間帯に予約しているし、いつもは貸切りみたいに静かでBGMも流れているので、歯を削られている時以外は寝てしまうくらいです。
 でも昨日は違いました。 2歳くらいの女の子を連れたお母さんが来ていたからです。  多分お母さんの方が治療を受けていたと思うのですが(隣で見えない・・・)、女の子が始めから終わりまで泣き通しでした。 それも泣くというより悲鳴に近く、何だかこっちまで痛くなってきてリラックスどころではありませんでした・・・

 以前フクダカヨさんの絵日記で、2歳のお子さんを自分のお腹の上に乗せて歯の治療を受けている絵がありましたが、あんな風にできたら良いでしょうね。 小さなお子さんをお持ちのお母さんは大変です・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

花を飾って No.415


 母は花が好きなので、テーブルの上や仏壇にちょっとした花を飾っています。 お店の入り口に置かれている安い花ですが、そんなものでも結構部屋が明るくなります。

 母がよその花を摘んでこないようにと買ってみたのですが、部屋に花があると心にも良い影響を与えるみたいです。 切り花は鉢植えに比べるとすぐに枯れてしまうからもったいない気もしますが、よその花を盗ってくるよりは良いでしょう。 

 花は母に選ばせていますが、何しろすぐに忘れてしまうので、見る度に「この花誰が買ってきたの?」―と言っています。 まあ、本人が喜んでいるのだからそれで良いですけどね・・・

 母は花の他に甘い物も好きなので、団子とかみつ豆なども一緒に買ってきます。 私は一人の時は食事以外の物は食べないのですが、最近は母に付き合って一口くらいは食べるようになりました。

アパートの契約更新 No.414 


 アパートの契約更新で2週間ぶりに埼玉へ行ってきました。

 会社の移転で東京から埼玉に引越してから、はや20年。 住めば都で、もう東京で暮らしたいとは思いません。 家賃は安いし、駅から少し離れると雑木林などの自然が残されているし、特に不便も感じません。 むしろたまに東京に出ると人が多過ぎて嫌になります。

 家賃は入った当初は4万円で、それから毎回更新時に値上げしていましたが、隣に急行が停まる新駅が出来てからは空き部屋が出るようになり、最近は古くなったこともあって値下げの傾向です。 前回は2千円下がり、今回は千円下がって5万円丁度になりました。 更新料半月分+保険料=4万5千円で更新終了、面倒なことが済んでサッパリしてます。

 アパートは6畳間+4畳半のキッチンと風呂とトイレとベランダ付きですが、一人で住むには充分で、問題といえば隣や二階の物音が響くことくらいでしょうか。 現在は月に二回ほど掃除を兼ねて出かけるくらいですが、横浜ー埼玉間は往復4時間で1,640円かかるので、毎日通うよりはこちらで寝泊りしている方が便利です。 お金もかからないし・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

困った習慣 No.413


 母は使ったティッシュペーパーを丸めてポケットに入れるので、洗濯する時には調べてから洗わないとなりません。 汗をかくからと襟や腹に当てたりもするので、あちこちからティッシュがこぼれます。 更に紙パンツの中にも入れるのですが、それだとせっかく吸水パッドが付いていてもあまり役に立たないのですね・・・

 もっと困るのがトイレットペーパーを入れることで、ティッシュペーパーなら間違って洗濯しても固まるだけで済みますが、トイレットペーパーだと水に溶けてボロボロになるから始末におえません。 せっかく洗濯したのにかえって毛羽がついたみたいになってしまい、結局洗い直すことになります。 ポケットだけでなく敵がどこに隠れているか判らないので、税関の検査官にでもなったみたいです・・・ 

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

また寝不足です No.412


 また明け方から母に起こされました。 
いつもはトイレに起きて何やらゴソゴソやるくらいなのに、今回は名前を呼んで扉を開けようとするので何事かと飛び起きてみると、「うどん買いに行くから100円貸して」―だって。 「う、うどん・・・?」

 母のボケ具合は波があって、良くなったかと思うとまた悪くなったりで、特に起きぬけは寝ぼけているのでロクなことを言いません。 「明け方の5時過ぎにうどん屋がやっている訳ないだろ~っ」―と言いながら、渋々パンやジュースを出しておいてサッサと寝てしまいます。

 母の世話をしているとどうしても夜寝るのが遅くなるので、朝早くに起こされるのはつらいです。 でも母の言っていることは決して切実なものではなく、食べ物を出しても大して食べないし、朝食ができる頃には食べずに寝てしまうので片付きません。 小さなお子さんのいる家庭でも同じようなことをしているのではないでしょうか?

 先日めずらしく風邪気味で頭が重かったので、久々に8時間くらい眠ったら治りましたが、そんな時に起こされていたらつらかったでしょう。 母の介護は体力も必要なので、体調を崩さないように気をつけています。 もっと大切なのは、怒らないようにすることですけどね・・・

ベランダにスダレ No.411


 PCのある部屋は午後の2時を過ぎると西日が射して暑いくらいになってきたので、ベランダにスダレをかけました。 これまでは3時頃になるとカーテンを閉めなければなりませんでしたが、なかなか良い具合です。 ついでに網戸も掃除して窓に取り付け、これで夏の準備は整いました。

 母が独りの時はベランダにスダレを掛けた上にタオルなどを縫いつけ、更にカーテンを閉めて部屋の灯りも消していましたから、昼だか夜だか判らない生活をしていたものです。 私が来て最初にやったことは、昼夜の区別をつけて時間の感覚を取り戻すことでした。

 母は昼でも幽霊とかを怖がっているし、TVでも画面が暗いだけで「オバケが出そうで怖いね」―と言ったりしますから、なるべく明るくして外から見えないのが理想です (他人の目を異様に気にするので・・・)。

 スダレは中国製で200円の安い物ですが、母はきれいになったと言って喜んでおります。 もっとも母はベランダに出ると何やら御祓(おはら)いみたいなことをやって、どうやら魔除けか幽霊を追い払っているみたいなのですが、傍(はた)からみたら認知症のお婆さんが一人で踊っているように見えることでしょう・・・

一人歩き No.410


 母は一緒に散歩に行く時以外でも、一人で出歩くことが多くなりました。 その方が私も自分のことができるし、母も自由に歩けるから具合が良いのです。
 
 その場合のお約束として、「遠くへ行かない」 と 「よその花を盗ってこない」 という条件を付けています。
 「遠くへ行かない」―というのは、自分の部屋が判らなくなって戻ってこられなくなるということの他に、トイレが間に合わなくなるからです。 母は一緒に散歩していても1時間くらいするとトイレに行きたがりますから、あまり遠出はできません。

 それでも天気の良い日などはすぐにそれを忘れ、「すぐ戻るから」―と言っておきながらなかなか戻ってきません。 1時間を過ぎると少し不安になり、1時間半くらいして戻ってきた時に「トイレ大丈夫?」―と聞くと、「もう出ちゃった」―となります・・・

 まあ紙パンツは一回分くらいの量は吸水してくれるから交換すれば良いことだし、ちゃんと戻ってこられるのだから良いですけどね。 団地内から出るなと言っているのは車の事故が多いからですが、これも時々約束を破ります・・・

PCマウスの修理 No.409


 PCマウスのホイールが空転してスクロールできなくなったので、バラして調べてみました。 購入したのは埼玉の店だし、修理に出しているとその間PCが使えなくなるからです。

 母の部屋には工具が無いので、父の使っていた道具入れをひっくり返してプラスとマイナスねじドライバーを出してきました。 マウスの底面のゴム脚やシールをはがすとネジが隠れているので外してバラしてみます。 
 ホイールの軸はプラスチック製で、0.5mm くらいの細い部分が折れていたので、瞬間接着剤で応急修理――多少動きは重くなったものの、とりあえずスクロールできるようになりました。

 しかし最近の製品は中国で生産されているのもが多く、安くなった代わりに壊れやすいです。 昔の製品をバラしてみると、ゴツイ代わりに丈夫で長持ちしました。 二十歳の頃に買った扇風機や冷蔵庫は今でも現役で使っていますが、最近購入したものは1~2年で壊れたりしますからね。 このマウスなんて2月に買ったばかりで、4ヶ月も経ってないのだけど・・・ 

Grandma Goose? (おばあちゃんガチョウ) No.408


 母はどこへ行くにもガチョウみたいに私の後をついてきます。
散歩に行く時は一緒ですが、昼でも幽霊を怖がっているくらいなので、ちょっとした買い物にもついてきます。 私一人なら10分くらいで戻れるところでも、母と一緒だと歩くのが遅いので40~50分かかります・・・

 歯医者に行く時などは母の寝ている空きに出かけると、戻ってみると私が幽霊に連れて行かれたと思って探し回っていたりするので、最近は書置きを残して出かけます。
「私を探さないで下さい・・・」

 朝に髪の毛をとかしていて後ろの気配に振り向くと母が立っていて、「頭が痛いの?」と聞きます。
 歯を磨いていると後ろで「歯が痛いの?」と聞きます。
 綿棒で耳掃除していると後ろで「耳が痛いの?」と・・・もうメンボウです。

 先日トイレに入っていて出たら前に母が立っていたので「トイレに入るの?」と聞いたら、「灯りがついていたのでどうしたのかと思って・・・」とのことでした。 私だってトイレくらい入ります。

花どろぼう No.407


 母は最近一人でも散歩できるようになりました。 買い物の時などは一緒に行きますが、一人で歩く方が気楽だろうし私もその間に掃除などができて具合が良いのです。

 遠くへ行くとまた道が判らなくなるので団地内という約束ですが、問題はよそのお宅の花をとってくることです。 道端のタンポポやクローバーの花なら何の問題もないのですが、どう見ても花壇や庭木からとってきたと思われる花だと困ります。 母はどんどん子供に戻っていて、他人(ひと)の迷惑とかを考えられなくなっているのですね・・・

 昨日は少し厳しく言ったらさすがにしょげていましたが、その後一緒に買い物に行って切花を買ってきました。 300円のバラとカスミ草ですが、きれいだといって喜んでいます。
 これからは毎週花を買うことにすれば、よそのお宅の花を盗ってくることもなくなる―― かも・・・?

母と紙パンツ No.406


 介護用の紙パンツを使い始めて二ヶ月になりますが、パッドが一体でズレないし多少の漏れなら吸収してくれるので便利です。 一日履いていると結構汚れているから毎日交換していますが、問題は替えるタイミングですね。 母は88歳でも女性ですから・・・

 一番良いのは風呂上りに下着と一緒に替えてしまうことで、「良い気持ち」を連発します。 でも寝ている時に起こしても「面倒だから」―と入りたがらないし、かといってそのままにしておくと明け方に起こされたりもするので、パンツだけは交換しています。

 無理強いすると嫌がるのは子供でも同じなので、「お茶飲む?」とか「トイレは大丈夫?」とか言って起こしてから「パンツ替えよう」―と自然な形に持って行きます。 先日「自分でやるから」―と言うのでやらせておいたら立てなくなり、結局私が手伝いましたが、それからはおとなしく言うことを聞くようになりました。

 交換すれば気持ちが良いし、1枚80円くらいのものだからいつもきれいでいて欲しいのですが、一番の問題は本人の意識ですね。 それでも最近はお腹をこわすことはあまりないし、トイレが汚れたり匂いが残ったりも少なくなりました。 乳酸菌製剤やヨーグルトなどの効果が少しは出ているみたいです。

雨上がり No.405


 昨日は朝から雨で外に出られず、母は窓の外ばかり眺めていました。

 3時ごろになって急に天気が回復してきたので母を一人で散歩に出したら、うれしかったのか1時間以上戻って来ないのでちょっと不安になったほどです。
 夕方買い物に行くので母と一緒に散歩に出ました。 母は昼でも幽霊とかを怖がるので一人でいるのが怖いみたいですね、困ったものです・・・

 急に天気が回復すると風が強かったりしますが、昨日は風も無く穏やかできれいな夕暮れでした。 今は新緑がきれいです。

ジュースかけ論・2 No.404


 二年前にイラスト・ブログを始めた頃はWindowsの「ペイント」とマウスをメインに描いていました。 本日はその頃のリメイク版ですが、むずかしいことを考えずにシンプルなことをやっているのが一番楽しいです。 → ジュースかけ論?(No.11)

 今日は雨なので、少し元気の出そうなイラストにしてみました。

 ●ミックス・ジュース:
 我が家では最近野菜と果物が半々のミックス・ジュースがブームです。 母が薬を嫌がるので水の代わりに試してみたらすっかりお気に入りになって、今ではお茶よりジュースのリクエストが多くなりました。
 
 本物の果物や野菜を摂るのが一番ですが、母は歯が悪くてバナナみたいに柔らかいものしか食べられないから、ジュースでも摂らないよりは良いでしょう。

 ビタミン剤とかサプリメントなどはあまり飲ませたくありません。 腸内環境を整える乳酸菌製剤(ビオ●ェルミン)は割といい感じなのでなめさせていますけどね・・・
(澱粉のほのかな甘味があります)

クローバーの花飾り No.403


 団地の芝生の上は今、白詰め草(シロツメクサ)の花でいっぱいです。 母子連れが花を摘んで花飾りを作っているのを見て、母が真似して作り始めました。 母は新しいことは覚えないし、今やったこともすぐに忘れてしまいますが、昔のことは断片的に覚えているみたいです。
 もっとも母はこれをレンゲと呼んでいますが――確かにアカツメクサやムラサキツメクサとは似てますけど、色が違いますね。

 母が自主的に何かすることはめずらしいし、芝生の上なら何の危険もないので好きなようにさせていましたが、昨日は雷雨になりそうなので早々に引き上げました。 一応輪の形にはなるのですが、割といい加減ですぐにほぐれてしまうのは仕方の無いことですね・・・

 今朝も一人で散歩に出したらまた花の鎖を編んで持ってきたので、結構気に入っているみたいです。 花だけなら水に挿しておくとしばらく持ちますが、花輪だとすぐにしおれてしまいますけどね・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

その後の歯医者さん No.402


 先月で詰め物が外れた歯の治療は終わりましたが、今月は連休明けから次の歯の治療が始まりました。 神経は既に死んでいる――とのことで安心して削られていたのですが、3本ある神経の内1本だけは生きていた(?)みたいで突然あの痛みが走りました。

 昨日はもう神経が無いと安心していたら、まだしぶとく根っこが残っていたみたいで、いや痛いのなんの・・・まあ痛みは生きている証でもあるし、ヘタに神経を抜かない方が良いのも判ってはおりますが、中途半端に残っているのも困りものです。

 このあと更に別の虫歯も見つかったので、当分は歯医者に行くことになりそうです。 この際だからキチンと治しておく方が良いでしょう。 痛いけど・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

二つのカーネーション No.401


 昨日は母の日なので、出かける前に母と買い物に行き花屋でカーネーションの鉢植えを買ってきました。 本人に選ばせたら赤が良いということでしたが、用事を済ませて戻ってきたらすっかり忘れていて、「これは誰が買ってきてくれたの?」―といつもの調子です。

 夕方には同じ団地に住む妹が同じ花屋で同じカーネーションを買ってきました。 
遅く行ったら黄色しか残ってなかったとのことですが、同じ色よりは良いでしょう。 それにしてもさすが兄弟で、同じようなことやってますね。

 母は一眠りするとさっき妹が来たことも忘れてしまい、「これは誰が買ってきてくれたの?」―といつもの調子で同じことを言いますが、誰が買ってきてもきれいならそれで良いでしょう。 気持ちの問題ですね。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

母の日スペシャル? No.400


 今日は母の日ですね。 私は毎日母の日サービスみたいなことをやっているので、むしろ今日くらい休みたいです。 でも介護に休みはありませんからね・・・

 それでも埼玉の部屋には3週間戻っていないので、これからちょっと出かけて部屋の片付けなどしてくる予定です。 あまり留守にしていたので、先日不動産の管理会社から電話があったくらい・・・
 問題は最近母はオバケや幽霊を怖がっていて、一人になるのを恐れているのですね (子供みたい・・・)。

 でもまあせっかくの母の日なので、花くらいは買ってあげるといたしましょう。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

もったいない No.399


 母と一緒に暮らしていると、「もったいない」と思うことが沢山あります。

 まずは紙の使用量がハンパぢゃないこと。 ティッシュやトイレットペーパーはすぐに無くなるので、ティッシュ5箱パックは4日ごと、トイレットペーパーの12個パックは十日に一度くらい買いに行きます。
 鼻をかむのは仕方の無いことにしても、無駄な使い方が多過ぎるのですね。 大した金額ではないにせよ、お金より資源の問題として考えるとエコロジーの正に反対をやっている訳で、いくら紙パックを資源ゴミで出してもあまり意味が無い気がしてきます・・・

 食事も少しづつで食べている最中に寝てしまうので、残りはラップしておき起きた時に温め直して食べさせていますが、それにも限度があるので時間の経ったものは捨てるしかありません・・・
 なるべく食べる分だけ作るようにはしているのですが、なにしる気まぐれな食欲ですから昨日平らげた物でも今日食べるとは限りません。 困るのはヨーグルトなどさっきの食べ残しがあるのに、すぐに忘れてまた新しい物を開けてしまうこと。 特に夜中に冷蔵庫の中の物を勝手に開けてしまうのが困ります・・・

 昔から倹約家でどケチ根性だけは残っているので、今でもタダの物は何でも欲しがりますが、肝心の無駄を出さないことは理性の働きなのですっかり忘れてしまったみたいです。
 うちから出るゴミの8割方は、ティッシュペーパーと紙パンツです。 ティッシュは洗ってまた使う訳にも行かないし、紙パンツの方は仕方無いですけどね・・・

 でも私が一番もったいないと思うのは、母の時間の使い方です。 (ほぼ無駄づかい)

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

幽霊なんか怖くない? No.398


 母は最近オバケや幽霊のことを一日中口にしています。 「オバケや幽霊なんか怖くない」とか、TVを観ていると「オバケが出そうで怖いね」とか、昼間散歩していても「オバケや幽霊なんか出ないよね」―といった具合です。

 「オバケなんて怖くない、出てきたらやっつけてやる」「オバケよりアタシの方が強いんだ」―とか言ってはおりますが、怖がらない人はそんなこと言いませんからね。
 母は幼い子供と同じで理性の働きはありませんから、ちょっとした物音にも敏感に反応して怯えます。 トースターが「チン」と鳴っても一々驚くし、誰も来ないのに「ドアが開いた」とか言っては玄関へ行くし、私には母の行動の方が怖いものがあります・・・

 母は目が悪くなっていて、TVやガラスに映る影に怯えているみたいですが、年中窓の外を眺めては「あそこに何かいる」―とやっております。 怖ければ見なければ良いのですが、怖いもの見たさというのでしょうか。
 今も木の上にクマがいると言って呼びにきましたが、横浜にクマがいるか?

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

木陰で一休み No.397

 このところ朝夕の散歩は気持ちが良いけれど、昼間は少し暑いくらいになってきました。 母にも帽子をかぶらせて、時々日陰で休みながら歩いています。 母は歩くのが遅いしすぐに疲れるので、なかなか前に進みません・・・

 今日は暑いからそうめんでも茹でようか――と思っていると、母がセールの100円カゴに入っている焼きそば(3個入り)が食べたいというので昼食はヤキソバになりました。 まあ、本人が食べたいものを食べさせてあげる方が良いでしょうし、栄養面では野菜を入れたり、卵やヨーグルトを添えて補っております。

 母は子供と同じで目の前にあるものを欲しがりますが、買ってからバッグに入れる頃には忘れてしまいます。 「あれ買って~っ!」とか駄々をこねないだけ、子供より楽ですけどね・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

母とブランコ No.396


 母は最近足腰が弱っているみたいで、公園を散歩しているとすぐにベンチに腰掛けます。 ――まあ部屋で寝ているより外にいる方が良いでしょうが、どうせなら少しでも体を動かそうとブランコに乗ってみました。

 これだと適度に膝の曲げ伸ばしもできるし、母も結構楽しそうです。 私も何十年ぶりかでブランコに乗ってみましたが、なかなか楽しいですね。 もちろん子供たちのいない時ですが・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

膝の痛みに・・・ No.395


 母が膝が痛いというので、シップ薬を貼ってあげました。 関節痛ではなく脚がつったと言うのですが、膝の内側でつるような場所でもないのですが・・・

 左足をかばっていたら今度は右足が痛いとなって、貼り薬はずっと貼っているとかぶれるので塗り薬を買ってきました。 風呂上りや朝起きた時に両膝にマッサージしながらすり込みます。 
 「歩けるようになって良かった」―と言いながら部屋中あちこち歩き回るので、どちらかというと歩けない方が良かったかもしれません・・・・

 ところでこの塗り薬、自分の両手にもシップ薬をすり込んでいるようなもので、浸透力が強いので洗ったくらいでは落ちません。 そのあとトイレに入ると、困ったことになります。
 そういえば、料理で鷹の爪(赤唐辛子)を刻んだ時も指に辛味がしみ込んで、あとで大変なことになりました。 まちがってもその指で目をこすったり、鼻をほじったりしないように・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

意味無しカレンダー No.394


 母は曜日の感覚が無いので、毎日自分でカレンダーに印を付けています。 日付と曜日の出る時計を買ってあげたのですが、それでも「今日は何曜日?」―という質問が一日に何十回も出ます。 教えてもすぐに忘れますけどね・・・

 更に色々と書き込むのは良いのだけど書いた本人が忘れてしまうから、ほとんど意味が無いだけでなく今日が何日なのかも判らなくなります。
 「家にいること」という書き込みがしてあって、「この日は何が来るの?」と聞かれても書いた本人が知らないことを私が判るはずもありません。
 何しろTVの「8:30」の表示を8月30日と思っているくらいだから、季節の感覚も既に無いみたいですね・・・ 母は毎日が日曜日みたいです。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

寝不足です No.393

 今朝は5時起きです――というより起こされました。

 母が明け方からトイレの辺りでガサゴソやっている音に目が覚めましたが、そんな時は大抵トイレが間に合わずにパンツを汚している時なので、起きて「パンツ汚れた?」とたずねてみました。  「汚れてない、ちゃんと履いてる」―とは言うのですが、母は子供みたいに嘘がヘタで汚れた紙パンツがそばに置いてあるのですぐバレます。

 いつもは風呂に入れて紙パンツも取り替えてから寝るのですが、昨夜は好く寝ていて全然起きないのでそのまま寝たのが裏目に出ました。 風呂には入らずとも、やはりトイレに入ってパンツも交換してから寝る方が双方にとって良いことでしょう。 まあ紙パンツはもれて下着を汚すことは少ないので、交換するだけで済むから楽ですけどね・・・ 今朝は完全に寝不足です。

 今月は2日から初夏らしい好天が続いていましたが、連休最後の日曜日は雨になりました。 このところ空気や土が乾燥していたから、少しは降ってくれる方が落ち着いて良いかも。 散歩に行けず、母は退屈して部屋の中をウロウロしております・・・ 

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

鯉のぼり No.392

 こどもの日にちなんで、今日は切り絵で鯉のぼりの絵です。 季節ものは毎年同じようなことをやっていますが、年に一度のイベントなのでまあいいでしょう。

 今日は八王子に住んでいる兄が一月ぶりにたずねてきました。 母は来るまではソワソワして窓から外を眺めていましたが、兄が来てからはずっと寝ておりまして、何のために来たのか判りませんでした・・・

 それでも夕方途中まで散歩がてら兄を見送りに行ったら、母は兄が見えなくなるまでずっと後姿を見つめておりました。 うちに戻る頃には忘れていましたけどね・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

血圧計 No.391


 母の血圧くらい自分で測ろうと、昨日横浜で血圧計を買ってきました。 団地から歩いて往復1時間くらいで、母が昼寝している間に行ってこられます。

 血圧計は手首に巻く簡易型で4,700円と一番安い物ですが、結構良くできています。 スイッチを入れると手首が締まってエアーでシュコシュコ押す代わりをしますが、コンパクトで手軽に使えるのが良い点でしょう。 大袈裟な物でも使わなければ意味が無いですからね。 心臓と同じ高さにセットして使います。

 週1回クリニックで測るより自分でやる方が詳しいことが判るけど、母は160~80とクリニックで測るより高めの結果が出ました。 (日によって違いますが・・・)
 ちなみに私は血圧も体重も20年くらい測ったことないけど、ついでなので測定してみたら100~60と低め(?)でした。 脈拍は母が85ですが私は60で、時計の代わりになりそうです。

 ところで今日の夕方母を一人で散歩に出したら、またよその花を勝手に摘んできたので叱りました。 約束を破ったからですが、ちょっときつく言ったらかなりしょげていました。 何度言ってもダメなのでさすがにウンザリして、しばらくは口をききたくなかったくらい・・・こんなに気分の悪くなったことは久しぶりです。
 まあ、母は食事して一眠りするとさっきのことも忘れてしまうのですが、私も決して優しい孝行息子というのではありません。 母の世話をしていると、時々怒りたくなることがありますから・・・ (そんな時にこそ血圧を測るべき?)

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

背後霊のごとく・2 No.390


 母は食事をするとすぐに寝てしまい、寝ている間が私のPCに向かえる時間です。 
でも1時間もするとトイレに起きて、その後「行くところがないから・・・」とか「ヒマだから・・・」と言って机の後ろに立ちます。

 「邪魔しないから・・・」とは言うのですが、母はディスプレイの動くものに興味があるみたいで、特にロゴ画像のネコに異様な関心を示します。 手を振ると表情が変わると思っているらしく、「ネコちゃん」とか言って手を振っては喜んでいますが、困るのは「えいっ」とか言ってディスプレイにパンチを繰り出すことで、しっかり邪魔しております。

 面倒なのでお茶とお菓子をキッチンのテーブルに出して食べさせておいても、しばらくすると「ヒマだから・・・」とまた戻って来ます。 最近はTVも飽きたみたいだし、夜だと外に出す訳にもいかないし、困ったものです。
 長く寝ていて具合がいいと思っているとトイレが間に合わず後で大変なことになるので、適度に起きてくれる方が良いのですけどね――邪魔さえしなければ・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

おまじない No.389


 母は週に二回クリニックに通っていますが、段々と薬の種類が増えています。 一度に飲むには多いので朝・昼・晩に分けてもらっていますが、薬が嫌いなので飲んだ後にはチョコレートのお駄賃とかジュースで飲ますとか、子供みたいで困ります・・・

 処方には薬の説明も載っているので、これはコレステロールを下げる薬、これは血液サラサラの薬――と解説しながら飲ませていますが、DHAが成分の頭の働きを良くするという薬を飲む時は頭を叩きながら「頭良くなれ、頭良くなれ・・・」とまじないみたいなことを唱えながら飲んでおります。 普通の人にも効き目があるなら私も飲みたいですけどね・・・

 ところで今日クリニックへ行った時、母が時々軟便になるのでビオフェルミンなどの整腸剤を飲ませても良いですか?――と医師にたずねたら、「ああ、下痢ですね」の一言で片付けられ、そのあと薬局へ行ったら下痢止めと腹痛の薬が新たに加わりました。 慢性的なもので食中毒ではないのですけどね・・・  
 患者の話を聞かない、充分な説明をしない医師はどうも信用できませんが、今日の件であそこはそろそろやめようかと思っています。 

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。