「パソコンでお絵描き」 Illustration Blog

PCイラストのブログです。 最近は老母の介護ブログかも・・・

サンタさん No.480



母はクリスマス・ケーキをほぼ一人で平らげてしまいましたが、飾りでのっていたお菓子のサンタクロースは気に入っているとみえてずっとテーブルの上に置いてあります。 「サンタも食べられるよ」―と言っても「食べるとかわいそうだから・・・」―と言うのですが、これは食べ物に目の無い母にしてはめずらしいことです。

 「クリスマスだからクリスちゃん・・・」―とか言って勝手な名前を付けては何か話しかけ、「あんたにも少し上げるね」―と食べ物を分けてあげているところは小さな子供と変わりありません。
 テレビをラジオに切り替えてから母は花とか物に関心を示すようになり、色々と話しかけたりしているので、少しは脳の刺激になっているみたいです。 その分、私も同じ質問に何度も答えるという破目になっていますが・・・

 
 今年もあと二日ということで、これから少し部屋の片付けなどをして新年を迎えたいと思います。 団地の工事も年末休みに入り、鉄骨にかけられていたシートがたたまれたので窓辺が明るくなりました。 今日は久々にベランダに洗濯物が干せるし、鉢植えも外に出せます。
 それでは皆様、良いお年を。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

やわらかサンド No.479


母は段々と歯が少なくなっているのに入れ歯をしたがらないので、固いものは噛めなくなりました。 以前は漬物を買ってくると一人でぺロッと平らげていましたが、今は小さく刻んだものを少しづつ食べさせています。

 朝食のパンも食パンから柔らかいロールパンにしていました。 最近では耳無しのサンドウィッチ用パンにハムとかポテトサラダなどをはさんだものを小さく切ってあげると喜んで食べています。 多少面倒でもその方が母は良く食べるし、スライス・チーズとか野菜なども自然に摂れるので具合が良いのです。 牛乳もカフェオーレにすると喜んで飲みます。

 でもサンドウィッチ用パンって7枚入り×2パックと半端なのですね。 2+2+3とかどうやっても3枚組で作らないと余ってしまうので、ジャムなどを塗って適当に使い切っていますが・・・

カウンター・10000

 半年前にこちらにミラー・サイトを作ってからそろそろアクセス数が一万回になるので、キリ番の人には何か出そうかな・・・と思っていたら、丁度9999回目だったので自分でクリックしてしまいました。
 ―ということで、次回は二万回の時に何かやろうかと思っています。 また自分でやらなければの話ですけど・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

年賀状印刷 No.478

年賀状印刷
 
昨日はやっと年賀状をプリント・アウトして夕方に郵便局まで出しに行きました。 25日までに出せば元旦には届くということで、ぎりぎりセーフといったところです。
 
 いつもならもっと早めに出しているのですが、今年は母の面倒をみていてPCに向かえる時間がとれないこともあり、延び延びになっていました。 干支もネズミだとどうも描く気がしないというのもあり、今年は干支はやめにしましたが、気になっていたことが片付いてやっとサッパリした気分です。

 もっともクリスマスが終わると今年も残すところ後わずかということに気付き、まだ暮れの大掃除が残っていますね・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

自分の部屋 No.477

自分の部屋

 昨日は5週間ぶりに埼玉のアパートに帰ってきました。 最初の内は自分の部屋に戻ると落ち着いたものですが、最近は部屋を片付けに行くくらいで自分の部屋という感覚が薄れ、段々と空き部屋の掃除をしているだけの気分です。
 
 部屋に戻ってすることは、郵便物の仕分けと留守電のチェックと部屋の掃除などで、それが済むとコンビニで買ってきたパンなどで軽く腹ごしらえをします。 母を一人にしておけないので1時間くらいしか居られず、それも落ち着かない原因の一つになっているかも・・・

 昨日は雨戸を開けたらベランダが落ち葉でいっぱいになっていたので、久々にベランダも掃除しました。 十年以上前に鉢植えの柚子の木をベランダの前に植え替えたものが今年もいっぱい実を付けていましたが、今年はヒヨドリなどにつつかれるままになっています。 もったいない気もするけれど、今は仕方ないですね・・・

 夕方団地に戻ってみると、ドアの鍵が開け放しになっていて母がいません。 名札の付いた帽子をかぶらずコートも着ないで出かけているので迷子になっても身元が判らず、仕方ないから探しに出ました。 いつもの公園やCoop へ行ってみても見つからず、警察に電話しようかと思っていたら暗くなり始めた5時頃になって戻ってきました。 まあ戻って来たのだから良しとしましたが、疲れて帰ってきて更に疲れた一日でした・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

テレビからラジオへ No.476

マイクロコンポ2
食事中にTVがついていると母はよそ見ばかりしてご飯をこぼすので、前々からラジオを試してみようと思っていました。 問題はラジオを置くスペースで、電子レンジの上に置けることが条件となります。 私にしても映像の無い音だけの情報の方が、料理や掃除をしている時には便利なのです。
 
 インターネットで調べて卓上型ラジオなら1万円くらいでまずまずの物が買えるので、横浜まで実際の商品を見に行ってきました。 でも今時ラジオなんて買う人がいないみたいで、店頭にはラジカセくらいしか置いてありません。 
 ―で、同じ2万円を出すならコンパクトなマイクロ・コンポがあったのでそちらにしました。 ちゃんとしたオーディオの方がTVのアンテナ線を接続できるので良い音でFMが聴けるからです。 でも誤算だったのは店頭では小さく見えても荷物として持ち帰るにはちょっと重かったということでした・・・
 
 鉄筋コンクリートの団地は電波の受信が悪く、室内アンテナでは地元のFM横浜くらいしか入りませんが、TVのケーブルをつなぐと7局くらいのFMがきれいなステレオ放送で聴けます。 母は小さな箱から音が出るのが不思議みたいで、初めてラジオを見た子供みたいに眺めております。

 TVを消してラジオにしてみると母はよそ見こそ無くなって卓上のシクラメンとかに興味を見せるようになりましたが、余程マイクロ・コンポがめずらしいのか度々その前に立っては眺めているので、食事が片付かないことに関しては大して変わりません。
 母はTVに表示される8:30が日にちではなく現在の時刻であることをやっと理解できるようになりましたが、今度はFM局の81.3MHzを8時13分と思っているみたいです。 何度も説明するのも疲れるので、好きにさせていますけど。 教えてもすぐに忘れますしね・・・


ゆず01  
 ところで今日は冬至ですね。 最近は5時前で既に暗くなりますが、これから少しづつ日が長くなると思うと何となく気が楽になります。 寒さはこれからで しょうが、日向が増えるほうが散歩するには具合が良いのです。 母は歩くというより、停まっている方が多いくらいですから。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

頑張れ母さん2 No.475

頑張れ母さん2
こちらに来てから母の立ち上がり用に手摺り(突っ張りポール)を付けましたが、その内手摺りとテーブルの両方につかまって立ち上がるようになりました。 歩く分には普通に歩けるのですが、立つまでが大変みたいです。
 
 最近では朝起きた時などなかなか立てないみたいなので、ズボンの後ろを引っ張ってちょっと手伝ったりもするようになりました。 自分で立つ癖をつけないと夜中にトイレに起きた時など困るから、つらそうな時でないと手伝いませんけどね。 私はその点では厳しいのです。
 
 足腰が弱って寝たきりにならないようにと毎日散歩にも連れて行きますが、最近の母はますます歩くのが遅くなり、なかなか前に進めません。 今日みたいに寒い日はほとんど止まっているみたいで散歩もつらくなってきました。 私の場合は母と違って速く歩いている方がずっと楽ですから。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

幼稚園にて No.474

幼稚園にて

 昨日は近所の幼稚園で餅つき大会をやっているというので、母と一緒に出かけてみました。 母は子供たちが好きなので幼稚園は散歩コースに入っていますが、園内に入ったのは初めてです。
 
 11時頃に行ったら餅つきは終わっていましたが、つきたてのお餅をいただいて母と食べました。 母は歯が少なくなっていて固いものや大きなものは噛めないので、小さくちぎって食べさせます。 喉につかえても困るけど、かといって食べさせないのもさみしいですしね・・・
 
 昨日は北からの冷たい風が吹き込んで急に寒くなってきましたが、日向にいると結構暖かでした。 母は子供を眺めて何かを食べていればご満悦なので安上がりです。 孫たちも大きくなってほとんど会うこともなくなっているから、なるべく公園とか幼稚園など子供のいる所へ連れて行くのですが、母は小さな子供を見ると皆んな孫に見え、母親は娘(妹)に見えるみたいです。 実際には十数年も前のことなのですけどね・・・
 

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ポインセチア No.473

ポインセチア

 一昨日買ってきたポインセチアを絵にしてみました。 こうした葉の重なりはレイヤーを重ねて使うことで簡単に描くことができます。 このあたりがPCイラストの便利なところでしょうか。

 手のひらにのるくらいのミニ・サイズで380円の物ですが、テーブルの上にチョコンと置いておくのに丁度いい大きさです。 こんな物でも結構部屋の中が明るくなるし、母は花が好きで楽しんでいるみたいだから良い買い物と言ってよいでしょう。

 埼玉から持ってきた5年越しのシクラメンも二つほど花を咲かせ始めましたが、母にかかるとシクラメンもヒヤシンスやサボテン(?)になったりするので、ポインセチアという名前は覚えさせるには絶望的な長さです。 もっぱら「ポン・セチアちゃん、あんたセチアちゃんなの」―といった感じで植物とのコミュニケーションを図っているみたいです。 通じているでしょうか・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

花屋にて No.472

花屋にて

 最近よく行く隣町のCOOPの向かいに花屋さんがあるので、買い物帰りに寄ってみました。 団地が工事中で部屋の中が暗いので、鉢植えでも置いて少しは明るくしようという訳です。
 
 今はクリスマス・シーズンなので、赤いポインセチアを一鉢。 店頭で見ると大きめのものが見映えも良いのですが、部屋のテーブルの上に置くには小さめの物が良いのでミニサイズにしました。

 花屋さんというと大抵は女性の店員が多いのですが、中から出てきたのは身長2メートルはあろうかというスポーツ選手みたいな男の人だったのでちょっと面食らいました。 どう考えても場違いな気がしたからです。 ラグビーボールでも持っていれば似合いそうなゴツイ手から可愛い花を渡されるのは、何だか不思議な気持ちでした。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

部屋干し No.471

部屋干し

 団地の補修工事が始まって三ヶ月が経ちますが一向に終わる気配が無く、洗濯物は相変わらず部屋干ししてます。 埼玉の木造アパートに比べるとこの団地は湿度が20~30%くらい低いので何とか乾きますが、それでも外に干したのとは違うし、ずっと部屋に洗濯物を干しているのは鬱陶しいものです。

 今日はベランダの窓にもビニールが貼られて外が見えなくなるし、作業員が出入りしたり工事の音が響いたりするので落ち着きません。 反対側の窓にも小さなベランダがあるので片方を終わらせてからもう片方をやれば良いのに、一度にやろうとして団地の棟全体をスッポリとシートで覆ってしまうので困ります。

 工事はとても年内に終わりそうもありませんが、何とか工夫して乗り切るしかないですね。 乾燥機は使いたくなかったけど、こうなってくると必要な人もいることが良く判ります。 段々と欲しくなってきました・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

一人で散歩 No.470

一人で散歩

 最近は天気が好いのでひるに母を連れて散歩に出て、昼食のあと母が寝てから一人で買い物に出かけます。 母と一緒だと半径300m.くらいしか動けないし、ものすごく時間がかかるからです。

 歩いて2~3分のところにCOOP がありますが、わざわざ一山超えて(?)隣町のCOOP へと出かけます。 そちらの方が店が広くて品数が豊富なだけでなく、適度なアップ・ダウンがあって良い運動と気分転換になるからです。 母と一緒だとほとんど運動にならないし、わずかな時間でも一人になれると気分が楽ですからね。

 団地から東神奈川駅まで歩いて25分、横浜駅までは30分で、それくらいの距離なら一人の時は歩いています。 隣のCOOP までは15分くらいですが、最近は少しづつ近道を覚えたので12分くらいで行けるようになりました。 知らない道を探して歩くのはちょっとした冒険みたいで、ワクワクするから好きです。 母がいるので、あまり遠くへは行けませんが・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

秋の公園 No.469

秋の公園B

 昨日久しぶりに雨が降って乾いていた土や空気が潤いました。 3時頃には晴れてきたので母と散歩にでましたが、雨だと母が退屈して部屋の中をウロウロするので困ります。

 団地周辺は晩秋といった感じでケヤキやカエデなどが色付いて、雨にぬれた土や落ち葉の色がきれいです。 一昨日までは風が吹くたびに枯葉がざわざわと舞い降りてきました。

 母は子供と同じで木を見るたびに名前を聞きますが、すぐに忘れてしまうので何度も同じ会話が繰り返されます。 「モミジとカエデは同じ?」 「同じ」 ・・・しばらくすると、「モミジとカエデは同じ?」 ―となって、カエデが見えなくなるまでエンドレス状態です。

 木を見ると「あれはシイの木?」―と聞くので「クスノキ」―と答えると、「クスノキはクスクスって笑うのかな?」―と毎日毎回同じ言葉を繰り返します。 子供の頃にグリコのおまけで「おしゃべり九官鳥」というおもちゃをもらったことがありますが、あれと同じでボキャブラリーが10くらいしかありません。 しまいには生返事になるのは仕方のないことです・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

パソコンでお習字2 No.468

文字・流01

 12月の声を聞くと何かと気忙(ぜわ)しくなってきますが、ここは気持ちを落ち着けるために「書」を一筆。 例によってパソコンですけどね・・・

 ペン・タブレットの筆圧感知機能を使うと線の強弱や濃淡を付けた筆文字風の線が引けます。 筆圧は使うソフトによって違い、手持ちのソフトの中では二千円のPhotoImpact7 が細かいブラシ設定ができていい感じです。 その分設定は複雑で、慣れるまでは大変ですが・・・
 同じく二千円ソフトの Paintgraphic 2 もなかなか良い感じで、テクスチャーなども色々使えます。

 書家の人が書によって筆を替えるように、ペン・タブレットも替芯を交換すると書き味が変わります。 芯の間にスプリングの入っているストローク芯はフニャフニャした書き心地が何とも言えず、筆勢の「はね」や「はらい」などの微妙な表現が出しやすくなります。 タブレット工房も替え芯を選ぶのですよ。

 もちろん実際の筆の線とは違うのですが、西洋からペンが入ってきてから「ペン習字」なんてジャンルができたように、これからはPCによる「タブレット書道」というのができるかもしれません。 今の内に特許でも取得して、本家を名乗ろうかな・・・?

文字・秋04のコピー

 こちらは Photoshop Elements のブラシの中にある紅葉のパターンで味付けしています。 フォトショップ・エレメンツのブラシの中には筆圧対応のものも幾つかあって、「シルク」などは「オプション」から細かい設定をすると筆文字用に使えます。 線の折り返しに面白い味が出るところが持ち味でしょうか。

 子供の頃は「お習字」の授業が嫌いでしたが、それは一々墨を磨(す)るのが面倒だったのと、朱筆で「ここが駄目、ここも駄目」―と×印だらけにされたからです。 ギッチョで筆が持ちづらかったのもありますけどね・・・

 ペンタブ筆文字の楽しいところは間違えてもアンドゥで簡単に消せるので、気に入った線になるまで何度でもできること。 それに色やテクスチャー(材質感)などが色々と使えることなどでしょうか。 落描き感覚で悪戯(いたずら)描きしています。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad