「パソコンでお絵描き」 Illustration Blog

PCイラストのブログです。 最近は老母の介護ブログかも・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

針仕事 No.494



 母は散歩に出るとなかなか帰って来ません。 遠くへ行くのではなく、近くにいても道が判らなくなるみたいで、時には団地が見えるあたりから「迷子」の電話がかかってきたりします。

 母が戻ってこないと買い物に出られず、昼食にすることもできないので、その間に掃除をしたり洗濯物を片付けたりしています。 先日は母のズボンがほつれたので久々に針仕事をやってみました。

 裁縫は小学生の家庭科の時間に習ったきりですが、こうしたことは結構覚えているし役にも立ちます。 受験用に暗記したことなど後になれば忘れてしまいますが、こうした実用的なことは幾つになっても役に立つからありがたいですね。

 子供の頃は針に糸を一発で通せるのでよく母に頼まれたものでしたが、現在は左眼が「中心性網膜脈絡膜炎(ちゅうしんせいもうみゃくらくまくえん)」とゆー、長いながい名前の眼病を患っており、何度かやらないと糸を通せなくなりました・・・
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

梅の花 No.493


 
 うちから歩いて2分くらいのところに Coop (生協)がありますが、それだと運動にならないので時間のある時は隣町の Coop まで歩きます。 この辺りは急な坂道や階段があって適度な運動になるし、良い気分転換にもなるからです。 去年の秋くらいからずっとですね。

 別の団地の敷地内を歩いていたら、早咲きの紅梅を見かけました。 まだまだ北風が冷たくて冬の真ん中にいるみたいですが、梅の花を見かけるだけで何となく春が近い気分になってきます。 現在は一人で歩けるだけでも楽しくて、本来の自分に戻れるわずかな時間といったところでしょうか。 母は食後に眠ると1時間くらいは起きないので、その間に買い物を済ませて戻るようにしています。
 

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

初雪 No.492



 今月に入ってからずっと寒い日が続いていましたが、23日(水)は横浜でも初雪が降って少しだけど積もりました。 寒い朝でもこれから学校へ向かう子供たちは大はしゃぎです。 自分も子供の頃は学校へ行く前に寒いもの忘れて雪をかき集めていた覚えがあります・・・
 今回のはすぐミゾレになって、午後には雨で溶けましたけどね。

 雨や雪が降って困るのは、母が外へ出られず退屈して部屋の中をあちこち歩きまわること。 子供みたいに窓辺へ行っては「雪が降っているのね」―と言い、戻ってくる頃にはもう忘れてまた窓辺へ行き「雪が降っているのね」―とエンドレスで延々と続きます。 壊れたテープレコーダーみたい・・・

 たまに雨や雪が降って乾燥していた空気が潤うのは結構なのですが、こちらでは翌日天気が回復するとその反動で北風が強まり、また乾いた空気が流れ込むので変化が極端です。 朝の内は70%あった湿度が夕方には20%にまで下がってかなり冷え込みました。 
 暖冬だった去年に比べると、今年の冬はやっぱり寒いですね。 コートが無いので今頃欲しくなっています。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

狸が出ました No.491



 母は頭と同じく目も悪くなっていて、時計やカレンダーも近づかないと見えません。 食事中でも「今日は何日?」―とカレンダーの前まで歩いて行きますが、戻る頃には忘れてしまうので何度も立ったり座ったりを繰り返します。

 以前は窓の外を見ると狐や狸がいると言っていましたが、最近は部屋の中まで入ってきているみたいで「あそこにタヌキがいる」―とかやっております。 何しろ目が悪いのに眼鏡をかけないので、何を見ても怖いものに見えるらしいのですね。 大抵は枕とか座布団なのですが・・・

 相手にしているのも疲れるので放っておくと、キッチンで何やらガタガタやっているので見に行ったら、棒切れでもってワゴンの隅を叩いておりました。 「タヌキが出た」―とのことですが、こうなると笑ってばかりもいられません。 物を壊されても困るので、使ってもいない肩叩き棒は押入れ行きとなりました。 母は目覚めた時によく寝言みたいなことを言いますが、起きていても半分は寝ぼけているようなものです。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

タヌキがいる No.490


 
 最近の母は「狸、タヌキ」―とうるさくて、窓の外を見れば「タヌキがいる」―と言いますし、窓ガラスやTVなど物が映るものを見れば「タヌキがいる」―と言います。

 食事の時は電子レンジと向きあって座るのですが、そうすると「中にタヌキがいる」―といった具合です。 「それはタヌキじゃなくて自分が映っているの」―というと、「あら、そう? でもタヌキそっくり」―と言い、「あたしはもっといい顔かと思ってた」―となります。
 人間歳をとれば老いて皺くちゃになるのは仕方の無いことですが、本人に全然自覚症状がないのは仕合せな部類に入るのかもしれません。

 最近では面倒くさいので映るものはタオルで隠し、マイクロ・コンポも母がタヌキと勘違いするので本体は下の棚に移してスピーカーだけ上に置いています。 昨日は寒いので昼食にうどんを作ったら、「これはタヌキうどん?」―と言っておりました。 現在の母はちょっとしたタヌキ・ブームです。

昨日(21日)の午後ににサーバーの閲覧障害が発生してブログの閲覧が出来ない状態が続いていましたが、夕方からは復旧したみたいです。 見に来ていただいた方にはご迷惑をおかけしました。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

すずな炒め No.488



漬物にしたらおいしそうな小カブを買ったらオマケの葉っぱが沢山付いてきました。 せっかくタダで付いてきたものなので、捨てるのはもったいないから炒め物にしてみました。

 味付けは醤油と砂糖だけのシンプルなもの。 中華鍋があれば鍋肌から合わせ調味料を入れた時にジュワ~っと醤油の焦げた香りが広がるのですが、母のところには小さなフライパンしかないのでままごとをやっているみたいです。
 
 蕪の葉は柔らかいので軽く炒めるくらいで丁度良いのですが、母は歯が悪いのでクタクタになるまで炒めます。 炒め物というより煮びたしといった感じですが、冷めてもおいしく油揚げの短冊切りなど入れると煮汁を吸って更においしくなります。
 大根の葉でもできますが、大根では葉と茎を分けて茎を先に炒めます。
 
 もちろん蕪そのものもぬか漬けにしておいしくいただいておりますが、七草の内のスズナとスズシロ(大根の葉っぱ)はもう食べましたね。 ハコベラ(はこべ)は道端に生えていますが、あまり食べようとは思いません・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

立ち食い母さん No.487



 母は起きている時は常にウロウロと歩き回っていて、老人らしい落着きがありません。 特に食事中もよく立ち上がっては歩き回り、座っている時間より立って歩いている時間の方が多いくらいです。
 
 困るのは立ったまま食べようとすることで、「立ったままだとこぼすから座って食べなさい」―と注意すると、「私は忙しいの」―と人気タレント並みのことを言ってはまた歩き回ります。
 どうも歩きながらモグモグやっていて噛み終わるとまた食べに来るみたいですが、落着きの無いことにかけては子供とどっこいでしょう。
 
 窓のそばに行ったり、ドアののぞき穴をのぞいたりしては狐や狸がいると言っていますが、大抵はガラスに映る自分の姿なのですけどね・・・
 「ポンポコリンのポン」―とか言って腕を振り振り歩いている母を見ていると、何となく狸に憑かれているみたいにも見えてきます。 きっと頭の中は狐や狸でいっぱいなのでしょう。 起きてはいても、半分寝ぼけているようなものですから・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

狐か狸か No.486



最近の母はよく「本物」という言葉を口にします。 「このパンは本物?」、「このコーヒーは本物?」―といった具合です。 
でもそれはレギュラー・コーヒーという意味ではなく(うちのはマキシム詰め替えパックです)、狐や狸に化かされているのでは・・・ということらしいのですね。

 「このハルオさんは本物?」―と言うので、「何バカなこと言ってんの」―と言うと、「ここら辺は狐や狸が多いからねぇ」―とつぶやきます・・・(そんなのいるか!)
 最近の母が「ポンポコリンのポン」―とか言って踊っていたのは、どうやらタヌキの仕業みたいです。 母は以前TVを観ていると「お化けが出そうで怖いね」―と言っていたし、散歩をしていても同じ事を言っていて、最近は言わなくなって良かったと思っていたら今度は狐と狸です。 結局中身は変わらないということでしょうか・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

陽だまりの母 No.485



団地の内側は11階建ての棟に囲まれて日陰が多いのですが、ひるを過ぎると日が差してくるのでその頃に母を連れて散歩に出ます。 母は少し歩くとすぐに休みたがるので、所々にベンチがあって適度な高低差もある団地内が良い散歩コースになります。 広場の公園には子供もいるし・・・

 散歩を終えて戻ってくる頃には部屋の前のベンチにも日が当たっているので、少し日向ぼっこをしてから部屋に入って昼食にする――というのがいつものパターンです。
 年末・年始はずっと好い天気が続いていましたが、一昨日は久しぶりに雨が降り、昨日は晴れたけど昨夜寝ている間にまた少し雨が降ったみたいで今朝は地面がぬれていました。 乾燥続きよりは良いけれど、少しづつ季節も動き始めているみたいです。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ベランダにて No.484



 年末・年始は団地の工事も休みになって、ベランダに洗濯物が干せるようになりました。 鉄骨の足場はそのままで猫の通路になっておりますが、シートがたたまれて日当たりが良くなり鉢植えを置く台にもなります。

 休みの間は好天に恵まれて久々に静かで明るい生活ができましたが、今日からまた工事が始まってシートが掛けられ、束の間の安らぎでした。 
 
 9月から始まった団地の補修工事は3月までの予定でしたが、今年になって届いた予定表によると5月まで延期とのこと・・・ 素人目に見ても効率の悪い作業の進め方で、「もう勝手にしてくれ」―と、半ばあきらめの心境です。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ポポンのポン No.483


 
 母はテレビからラジオに切り替えてから、良く歩き回るようになりました。 それも「ポポンのポン、ポンポコリンのポン」―と勝手なリズムを付けながら踊っているようにも見えます。
 
 本人曰く「運動している」そうですが、88歳になってスウィングしている母を見るのは微笑ましい限りです。 困るのは食事中でもすぐに立ち上がって歩き回ることで、立ったまま食べようとするので「こぼすから座って食べなさい」―と言うと、「私は忙しいの」―と言ってまた歩き回るので処置無しです・・・

 母は小さなオーディオから音が出るのが不思議らしく、「この小さいラジオでも大きなラジオと同じものをやってるの?」―と言うのですが、大きさは関係無いのですけどね。 母にとってのラジオは昔の真空管式のイメージなのでしょう。

 もっと困るのはそのスウィングの体制からラジオにパンチを繰り出すことで、その内壊すのではないかと心配しております。 最初にリモコンでCDトレイを出したらそれがベロに見えたらしく、母にとっては言葉を話す提灯お化けみたいな存在なのでしょう。
 時々イタズラして怖がらせている私が悪いのですけどね・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

パソコンで書初め No.482


 新年にふさわしく、パソコンによる描き初(ぞ)めです。 今年は初心に戻ってWindowsに付属の「ペイント」とマウスを使ってマウス(ねずみ)を描いてみました。 
 
 最初はそれしかなかったのですが、今考えるとよくこんなもので描いていたと思います。 私の場合ギッチョなのに右手で描き、それで雑誌の仕事ももらっていたのだから大した度胸といえるでしょう。 今思うと冷や汗ものですが・・・(汗)




 ペン・タブレットと PhotoImpact7 の組み合わせなら、こんな筆圧を使った筆文字風の書もかけます。 正確にはタブレット文字ですけどね・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

Web年賀状 No.481


  新年あけまして おめでとうございます

 昨年は色々とお世話になりました。 本年もよろしくお願いいたします。
  (FC2ブログは「予約投稿」ができるから、こんな時に便利ですね)

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。