「パソコンでお絵描き」 Illustration Blog

PCイラストのブログです。 最近は老母の介護ブログかも・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓辺の特等席 No.505



 ベランダ側の工事が終わってから日が差すようになり、午前中は暖かでヒーターが要らないほどです。 母は食事中でもすぐに立ち上がって窓の外を見ているので、面倒だからテーブルごと移動して窓辺に座らせることにしました。

 食事の後でも窓辺に椅子を置いて座らせておくと「膝が暖かい」―といって膝をなでております。 コタツに入っていると時々膝が痛くて立てないとかやっているので、座って膝を温めるのは良いことでしょう。

 昔なら縁側で日向ぼっこというのがお婆さんの定番スタイルでしたが、この団地は高台にあって風が強いので、窓辺にいる方が無難でしょう。 陽の当たる午前中はちょっとした温室にいるみたいです。
スポンサーサイト

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

母のいぬ間に掃除と洗濯 No.504



 母が部屋にいる時はほとんど寝ていて掃除ができないので、天気の良い日は散歩に行かせ、留守の間にコタツ布団をあげて掃除をしたりシーツを洗濯したりします。

 団地の補修工事が半分終わってベランダが使えるようになったので、布団も干せるようになりました。 昨年こちらに来た頃は布団も敷きっぱなしで畳がそこだけ青いままだったので、畳を持ち上げて隣の畳と交換しました。 なにしろカーテンも閉め切って昼だか夜だか判らない生活をしていましたから。 こんなに日当たりの良い部屋でもったいないことです。

 母は寒いと20~30分くらいで戻ってくるのですが、暖かくなってきたらまた2~3時間出ているようになりました。 先日はかなり離れた所から「迷子」の電話があったし、元気に歩けるのが良いのだか悪いのだか・・・ ちゃんと一人で戻って来られるなら、どこへ行こうと構わないのですけどね。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

光の春 No.503



 冬至から二ヶ月が経ってかなり日が長くなってきました。 団地内は11階建ての棟に囲まれていて冬の間は日陰になっていましたが、最近は昼になると日向の部分が増えてくるのでまた母を連れて散歩に出ています。

 先週までの厳しい寒気は去って、今週は春を思わせる穏やかな日々が続いています。 団地内の梅の木も花を咲かせ始めました。 そばを通るといい匂いがします。 母は目が悪くなっていて白が黄色に見えるらしく、「湯島の白梅じゃなくて黄梅だね」―と言っていますが、まあ見えるだけ良い方でしょう。
 

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

トイレの詰まり No.502



 朝起きて一番にすることはトイレの掃除です。 母は床を汚すので雑巾を置いてありますが、しゃがんで拭けないものだからトイレットペーパーがびっしりと敷き詰められていたりします。 本人はきれいにしているつもりなので、とがめる訳にも行きませんしね。

 もう一つ困るのが紙を大量に使うことで、すぐに無くなってしまいます。 値段的に安い物とはいえ、あまりいっぺんに流すとトイレが詰まりますし・・・

 先日朝起きたらトイレが詰まっていて、仕方ないので「つまりとり用ラバーカップ」なるものを買ってきました。 団地のトイレはなぜか排水口が丸ではなく石鹸箱みたいな形をしていて、ゴムのカップがうまく入らず水がはねて困りました。 それでも何度かカポカポやったら詰まりがとれましたが――こんなのでも業者に頼むと高いし。
 こうした物はめったに使うものではなく、実は埼玉のアパートにも一度使ったきりの同じ物があるのですが、まさか電車で持ってくる訳にも行きませんしね。 用が済んでしまうと邪魔なだけの用具です。


朝日の当たる部屋 No.501



 半年前から続いていた団地の外壁工事ですが、やっとベランダ側の足場とシートが取り払われました。 ベランダは東側にあり、現在は7時半になると向かいの建物の屋根越しに朝日が昇ってきて急に明るくなります。 台所仕事をしていると足元が暖かいし、母もベランダに出られるのでうまい具合です。

 外壁工事は「これって下塗りじゃなかったの?」―と思えるくらい雑な仕上がりですが、もう工事にはウンザリしているのでこのまま止めても結構です。 朝ゴミを出したついでに散歩しながら団地の棟を見上げると多くの部屋で布団や洗濯物を干していて、これまでいかに多くの人たちが不自由な生活をしていたかが判ります。

 ベランダが使えるようになって普通に洗濯物が干せるし、今まで部屋の中にしまっていたスノコやスダレなどが出せるし、やっと部屋の中も片付きました。 母は天気の好い日には時々ベランダに出ていますし、雨で外に出られない時でもベランダで結構代用することもできます。 まだもう片側の外壁工事などは続いていますが、やっと先が見えてきました。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

母と紙パンツ2 No.500


  
 こちらに来て母の世話を始めてから一年になります。 何も判らず手探りでやって行く中で、一番役に立った介護用具は紙パンツでした。

 母はトイレが近くて一緒に外出すると1時間ともたず、寝ている間に頻尿などもあるので最初は「尿取りパッド」を買いました。 これは安いし簡単で良いのですが、母の場合少しづつずれてくるので自分で直せる人向けです。 

 紙パンツは彼岸の墓参りの時に試してみたら、半日くらい充分にもってズレないので、それ以来ずっと使っています。 老人の介護はその負担によって疲れ方やストレスも違ってきますから、もし毎日汚れた下着を洗ったり布団を干すなどしていたら、今頃は投げ出したくなっていたでしょう。 母の場合、紙パンツでも何でもスンナリと受け入れてくれるのは助かりますが・・・

 母は子供と同じで「汚れてる?」―と聞いても「汚れてない」―と答えますが、替えてみるとしっかり汚れているのでサッサと交換してしまうに限ります。 現在は昼と夜の一日二回くらいですが、紙パンツを履いていると安心するのか、一人で散歩に出るとなかなか戻ってこないので困ります。


 ところでこのブログも今回で500回となりました。 500回もやっているとゴチャゴチャして過去記事が読みにくくなるので、分家を作って独立させました。 この方がカテゴリー別で調べるには判りやすいだろうと思います。

●「パソコンでお絵描き3」 ペイントソフト編
 ペイント・ソフトとグラフィック・ソフトの記事を集めて移しました。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

PCサウンドボード No.499



 昨年ミニコンポを買ってFMとCDは聴けるようになりましたが、PCに取り込んだ音楽をスピーカーから流しても歪んだ音しか出てきません。 PCの基盤には'AC97というサウンド・チップが組み込まれていて一応音は出るのですが、音を楽しむレベルには程遠いものです。

 そこでサウンド・ボードをPCに組み込んでみました。 この手のデバイスをPCに組み込もうとすると、まずスンナリと行った例(ためし)がありません。

 まずはPCのケーブル類を外しケースを開いてデバイスを取り付けるのですが、PCがデバイスを認識してくれずスロットを替えてみたり、その後ドライバーやソフトをインストールしたり、設定をして音を出すまでが一苦労です。 私の場合、そうして機械をいじっていること自体が好きなので楽しいですけどね。

 サウンド・ボードは5千円のヴァリュー・タイプ(廉価版)ですが、それでもPC基盤のチャチな音とは比べものにならず、ミニコンポを通すとまずまずの音で音楽が聴けるようになりました。 ミニコンポだけでもPCの音楽ファイルをSDカードに録音して聴くことは可能なのですが、操作性が悪く曲順もバラバラなので結局使いものになりません。

 現在PCで絵を描く時には音楽を聴きながら手を動かしていますが、その場合は気軽なオールディーズなどが向いています。 心に響く音楽だと手が止まってしまい、思わず聴きこんでしまうというのがありますから・・・


テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

母の入浴 No.498



 母は老人の割には風呂に進んで入ろうとしません。 自分で体を拭いたり服を着たりが出来ないので、面倒に思えるみたいなのですね。

 でも子供と同じで、「ジュース飲む?」とか「お菓子食べる?」―と食べ物で釣ると簡単に起きてきます。 起きたら「寝る前に着替えるから」―と言って服を脱がしますが、「着替えてお出かけするの?」―とまだ寝ぼけたことを言います。

 サッサと服を脱がせて風呂に入れてしまいますが、入れば「良い気持ち」―とやっているのだからいい気なものです。 母は自分で体や髪を洗えないので時々洗ってあげますが、風呂に入るだけでもお尻などの汚れは落ちるし、血行も良くなりますからね。

 母は自分で体を拭けないのでぬれたままで出てきて「寒いからもういいです」―とすぐに服を着たがりますが、ぬれた体で服を着せる訳には行きません。 体を拭いて紙パンツを履かせたらスキンクリームをぬってあげますが、1年前に比べたら肌もかなりきれいになってきました。 クリームをぬらないと背中を引っかいて困るというのもありますが・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

ブリの照焼き No.497



 母は歯が悪くなっているので固いものは食べられません。 たまに奮発して牛肉を焼いてもほとんど食べないので、やはり柔らかくて骨の無い魚が良いみたいです。

 今はブリが安くておいしいので時々照焼きにしますが、最近気に入っているのはフライパンで焼く調理法。 軽く塩をして水気を取った切り身をフライパンで両面を焼いて取り出し、ペーパータオルで油を拭きとると生臭さがとれます。
 
 それからタレを入れて煮立て、切り身を戻してタレをからめながら焼きます。 タレは切り身1に対してしょう油・みりん・酒各大匙1杯づつで超簡単。 母は甘いのが好きなので砂糖を半分くらい入れますが、焦げやすくなるのでとろみがついたところで魚を取り出し、タレを煮詰めて上からかけます。

 最近は冷凍食品の食中毒事件で母でさえ餃子を怖がっておりますが、やはり多少面倒でも自分で調理する方が安全で安上がりですね。 冷凍食品も時々使うけど、食べてみるとおいしくなくて母は正直に残します。

 でも喜んで食べるからと翌日も同じものを続けると、しっかり残したりします。 気まぐれなのか、グルメなのか判りませんが・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

雪の日曜日 No.496



 天気予報の通り昨日は横浜も雪になりました。 夜半から降り始めた雨が朝にはミゾレになっていて既に少し積もっています。 水分の多い雪なので積もってもあまりきれいではありませんが、こちらでは十日ぶりの雪となりました。

 こんな日でも母は外に出たがるので困ります。 子供と同じでちょっと出れば気が済むので出入り口まで行ってみましたが、とても歩ける状態ではありません。 ベチャベチャの雪で雪だるまとか作れるものではありませんが、それでもどこかで子供のはしゃぐ声が聞こえるから彼らには楽しいのでしょうね。 そういえば昨日は日曜日でした。

 母は寒いからとすぐに部屋に戻りましたが、しばらくするとすぐに忘れて窓辺に行ったりまた外に出ようとします。 猫みたいにコタツで丸くなっていてくれると良いのですが、なぜか部屋の中をあちこち歩き回るので落ち着きません・・・

 夕方になって雪がほぼ止んだら、子供たちが窓の外で雪合戦みたいな遊びを始めました。 たとえカキ氷みたいでも彼らにはめずらしいものですからね。 滑り台でそり遊びみたいなこともやっています。 私も母の小さな長靴を履いて買い物に出かけましたとさ。

 今日は天気も回復して朝から快晴ですが、溶けずに残った雪が凍結しています。 長靴を履いてちょっと歩いてみましたが、坂道や階段は滑って歩きにくかったです。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

静電気 No495



 母は昼と夜に二回、紙パンツを交換しています。 「汚れてない?」―と聞くと「汚れてない」―と答えますが子供と同じで全然当てにならず、交換してみるとしっかり汚れていますから、聞くよりサッサと替えてしまうに限ります。 その方が本人も気持ち良いし・・・

 母は一日の大半を寝て過ごすせいか、服を着替えると静電気が半端ではありません。 着ている衣服の繊維によっても静電気の溜まり方は違うみたいですが、私はあまり静電気の溜まらない方なので全部私の方に放電してきます。 そんな時はヘタにパソコンには触れません。 基盤など触ろうものなら一発でショートしそうです。

 バッテリーみたいに電気を溜めておいて、後で暖房にでも使えると良いのですが・・・ 「静電気発電」なんて装置を作ったらノーベル賞ものですね。 役にも立たない静電気です。

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。