「パソコンでお絵描き」 Illustration Blog

PCイラストのブログです。 最近は老母の介護ブログかも・・・

幼稚園にて No.474

幼稚園にて

 昨日は近所の幼稚園で餅つき大会をやっているというので、母と一緒に出かけてみました。 母は子供たちが好きなので幼稚園は散歩コースに入っていますが、園内に入ったのは初めてです。
 
 11時頃に行ったら餅つきは終わっていましたが、つきたてのお餅をいただいて母と食べました。 母は歯が少なくなっていて固いものや大きなものは噛めないので、小さくちぎって食べさせます。 喉につかえても困るけど、かといって食べさせないのもさみしいですしね・・・
 
 昨日は北からの冷たい風が吹き込んで急に寒くなってきましたが、日向にいると結構暖かでした。 母は子供を眺めて何かを食べていればご満悦なので安上がりです。 孫たちも大きくなってほとんど会うこともなくなっているから、なるべく公園とか幼稚園など子供のいる所へ連れて行くのですが、母は小さな子供を見ると皆んな孫に見え、母親は娘(妹)に見えるみたいです。 実際には十数年も前のことなのですけどね・・・
 

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

お母さまとの思い出がひとつひとつ増えていきますね。
今は気が付かないでしょうけれど、
思い出と一緒に愛情が育っているんですよね。
お母さまがいなくなったらきっとすごく寂しいですよ^^

  • 2007/12/17(月) 14:23:15 |
  • URL |
  • school-t #DdotX70I
  • [ 編集 ]

school-t さん、こんにちは。

これまでの母の思い出というと、子供を育てるために朝から晩まで休みなく
働いていた姿でした。
現在は一緒に暮らしているので、もし母が亡くなったら今の印象が一番強く
残ることでしょう。
現在の母の印象は、寝ている姿と食べている時の姿が一番多いです。

  • 2007/12/17(月) 14:31:32 |
  • URL |
  • haruuo #DdotX70I
  • [ 編集 ]

お母様、幸せですね。
小さい子供を見てお孫さんと思い、そのお母さんを娘さんと思えるなんて、
すばらしいではないですか。
きっと心の中は穏やかなんですね。

  • 2007/12/17(月) 19:50:09 |
  • URL |
  • mink330 #DdotX70I
  • [ 編集 ]

mink さん、こんばんは。

母は向こうから歩いてくる女の人を見ると妹に見え、男の人だと私に見える
みたいです。
私は隣にいるのですけどね・・・

母の中では時間がほぼ止まっていて、毎日が日曜日で部屋にいると
昼も夜もありません。
一眠りすると記憶がリセットされるので、さっきまでの記憶は無くなります。
パソコンのメモリーみたいで、残っているのはHDDの中の断片化された
わずかなデータだけです・・・

  • 2007/12/17(月) 19:59:53 |
  • URL |
  • haruuo #DdotX70I
  • [ 編集 ]

私の母も働きづめに働いた人ではあるのですが、
子供を見て嬉しそうになるのは、その時代が
一番、強烈だったと言うことかなあ?

>残っているのはHDDの中の断片化された
わずかなデータだけです・・・

うまい表現! 認知症って、死への恐怖を忘れるための
神様からの贈り物、と言った人がいます。

  • 2007/12/17(月) 20:57:54 |
  • URL |
  • セカセカ #E0B3CrSw
  • [ 編集 ]

セカセカさん、こんにちは。

母は仕事をしている頃は休み無く働きづめでしたが、仕事をやめて
年金生活に入ってからは一転して何もしなくなり、老化の速度も
速くなったみたいです。
人間怠け癖がつくと駄目ですね・・・

何も考えない人が一番幸せという意見もありますが、そうした人は
周りの人間に依存しないと生きて行けないので場合によっては
不幸な境遇になることもあります。
私は頭も体もしっかりしていて、自分のことは自分でできる人が
一番良いと思っています。

死についても恐怖心から逃れるのではなく、むしろ毎日考えることで
免疫力を付けて、今日その日が来ても良いように準備をしています。
それだけ時間や命を大切にするようになりますから。

  • 2007/12/17(月) 21:33:55 |
  • URL |
  • haruuo #DdotX70I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haruuo.blog99.fc2.com/tb.php/606-9516db20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad