「パソコンでお絵描き」 Illustration Blog

PCイラストのブログです。 最近は老母の介護ブログかも・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーソフト ArtRage2.0 英語版について No.215

 昨年フリーで配布されていた楽しいペイント・ソフト、ArtRage1.1(アートレイジ)が2.0 に
バージョン・アップされて、英語版は先にダウンロードできるようになりました。
 今年は無料版の他にレイヤー機能などの付いた有料版が20ドルで配布されていて、3月にはイー・フロンティアから 日本語版 も順次発売予定です。
まずは無料の英語ダウンロード版から:
 レイヤーなどの付いた有料版も良いのですが、まずは無料版を使ってから購入を検討してみる方が良いでしょう。英語版といっても以前のバージョンを使っていた方ならそんなに違和感無く使えるはずですし、これほどマニュアルの必要が無いシンプルなペイント・ソフトは他にありませんから。

「なるべくお金をかけずにパソコンでお絵描きを楽しむ――」 というのがこのブログのテーマでもありますしね・・・3月はこの ArtRage2.0 の無料版を使ってみて、余裕があれば有料版の紹介もしてみたいと思っています。 (主に予算の方ですけどね・・・)

 ※3月6日から 無料日本語版のダウンロード も出来るようになりました。
 使ってみての感想は、「細かい点がかなり改良されているな――」ということでした。ペン・タブレットでの早い動きの追従性が良くなっています。これはPCの性能(主にCPU)によっても違いますし、PCで音楽を聴きながら描くといった使い方をすれば他のソフトでも動作は遅くなります。私のOSはWindows Xpですが、Mac ユーザーの方たちにあまり評判の良くなかったこの点はWindows版 に関しては特に問題ありませんでした。油彩筆やパレットナイフを100%の太さにすると、さすがに遅くなりますけどね・・・

 それとバージョン1.1では筆を細くすると絵具の量も減ってすぐに線が途切れてしまいましたが、今回からは Loading ボタンで絵具の量が調整できるので細い線でも長く延ばすことができます。
 更に以前は絵具の混ざり具合が強すぎて絵の上から文字を書くことも難しかったのですが、今回はほとんど混ざりません。パレットナイフを使えば混ぜることもできますが、前回と比べるとちょっと極端な変化かな・・・ともかく画材の質感が良く出ていて描くことが楽しいという、一番大切な部分は良く出来ていると思います。
 ツールの細かい設定に煩わされず描くことに専念できて、時々実際に絵筆で描いているような気持ちになることがありました・・・ ただペン・タブレットのIntuos 3 だと筆の傾きにも対応しているみたいで楕円のカーソルがクルクルまわるので、それがかえって使いづらいですね。大きく描くにはよいのだけど、細かい描写はちょっと苦手かな・・・筆の向きが選べないのです。
        「油彩」での色の混ざり具合はこんな感じです(↑)
 色の上から白で文字を書いてみましたが、以前とは全然違いますね。
 これならレイヤー無しでも背景の上に絵を描くことが出来ます。もちろんパレットナイフで混ぜることもできるのですが、それがかなり意図的にできるようになりました。
後からキャンバス地の色を変えることができるのも便利です。

ツールについて: 
 ツールに関しては1.1とそんなに変わらず、邪魔だった筆の太さを調整する小さいウィンドウがツール・ピッカーの中に納まりました。、画面上から色を拾うアイ・ドロッパー(スポイト)も同じです。ツールに付けられている番号はショートカット・キーとして使えるもので、キーボードからもツールが呼び出せます。アンドゥー(取り消し)とリドゥー(やり直し)はそれぞれWindows標準のCtrl+Z(Y)になりました。何十回も可能なアンドゥーもそのままで、とても便利です。
 Undo(アンドゥー)と Redo (リドゥー)は上のメニュー・バーにアイコンがありますし、Edit (編集)からも操作できます。

 ペン・タブレットのお尻に付いている消しゴム機能は使えますが、消しゴムで設定した太さのままなので、不精しないでキチンと設定する方が良いでしょう。太さはブラシと同じで細かい調節ができますが、筆圧を調節するとかすれ具合までコントロールできるので軽くこすりとる様な使い方もできます。本物の消しゴムと違う点は、油彩でもフェルトペンでも何でも消せるスーパー消しゴムということ、無敵です。

 半透明に見えるツールは有料版のものでマニュアルやポップアップ画面の説明についても同様ですが、レイヤー以外は特に必要ないといった感じのツールです。それよりもこれだけのツールでもキチンと使えるという点に関してはヘタなグラフィック・ソフト以上のものがありますから、それらを上手に活用すればかなりの絵が描けます。

 ともかくこれくらい手描きの感覚に近くて楽しく描けるペイント・ソフトは他に知りません。
子供たちに簡単な使い方を教えてあげて後は自由に描かせたとしたら、かなり面白い絵ができることでしょう。私が一番やってみたいのは、むしろそのことかもしれません・・・
ペン・タブレットの付属ソフトとして、これの日本語版を付けたらタブレットの練習用にも良いと思います。

画像の保存方法について:
 実際に使ってみればほとんど解説の必要がないくらいシンプルなソフトですが、一つだけ説明しておかないといけないのが描いた画像の保存方法です。
 大抵のソフトは独自のファイル形式を持っていますが、ArtRage2は .ptg という拡張子で他のソフトでは開けませんし、開いてみないと中身を確認することもできません。

 そこでファイルから「画像のエクスポート(輸出)」をクリックすると、BMP、JPG、PNG、PSD の四つの拡張子が選べます。
BMP(ビットマップ):Windows標準の非圧縮のファイル形式。容量は大きいが、画像はきれい。ZIPファイルにすると数十分の一に圧縮出来て解凍すれば劣化無しで元に戻るので、複数枚をメールに添付して送る時に便利。雑誌の仕事は大抵このやり方で送っています。
※BMPファイルはプロパティーの属性(詳細設定)で「内容を圧縮してディスク領域を節約する」にチェックを入れておくと、ZIPファイルと同じように容量を小さくできて画像は荒れません。
JPG(ジェイペグ):写真などで使う圧縮形式。容量を小さくできるが画像は荒れるので、原画はBMPで保存しておき、ブログなどにアップする時に専用ソフトなどで別のJPG画像を作ると良い。 JPG画像に縮小するのに便利な無料ソフト→ 「縮小専用。」

PNG(ピング/ピーエヌジー):フルカラーの自然画を劣化無しに圧縮できる画像フォーマット・・・とのことですが、あまり容量は小さくならないみたい。ZIPファイルにしても既に圧縮されているから小さくならないし・・・JPGより画像はきれいです。

☆Photoshop PSD:今回からレイヤー(有料版)が付いたことを受けて、レイヤーのままフォトショップでも使える.psd ファイルが使えるようになりました。フォトショップ・ユーザー用?
     ※レイヤーについて

同じように.ptg 以外の画像ファイルを開く場合は、Import Image (画像をインポート)とします。
 使い方としては、ArtRage2のファイルの中に 原画としての.ptg ファイルと .bmp などの二つのファイルを作っておいて、用途に応じて使い分ければ間違い無いでしょう。
それが面倒な方は一つでやって下さい。

※ArtRage2.0 は画像のトリミングができるツールが無いので、簡単な画像のトリミングや補整をするにはこのソフトが便利です → 「 無料ソフトの J Trim (ジェイ・トリム)」

カラー・ピッカー
 右下にあるのが色を作るカラー・ピッカーで、自由に色を作れるツールが常に手元にあることはとても大切なことです。
 邪魔な時は緑ボタンをクリックすれば引っ込みますし、マウスを右クリックすると全てのツールを消したり出したり――といったウラ技も使えます。更に右クリックのままドラッグするとキャンバスを自由に移動させることもできます。

 これは明度・彩度・色相の三つで色を作るWindows標準と同じやり方ですが、「メニュー」をクリックすると6通りの方法が選べます。
 左側のツール設定パネルの Auto Clean(自動洗浄)を解除するとコップが現れますが、これは油彩で汚れた筆を洗うもので普段は自動的にきれいになりますが、あえて色を混ぜたい時などに使います。こんなところも手描きの感覚に近いですね。

英語マニュアルと翻訳ソフト
 上のメニュー・バーの「ヘルプ」をクリックすると、英文で70ページほどのマニュアルが表示されます。PDFファイルではないので15章ある解説を1章づつ開くことになりますが、翻訳ソフトで訳しながらプリント・アウトするには丁度いい具合ですね。

 私はソースネクストの二千円ソフト「本格翻訳4」で訳してみましたが、ツールなど専門用語以外は特に問題もなく大体の意味は判ります。英文と対訳の形で並べてみると英語の勉強にもなるし、あまりにひどい訳し方は笑ってしまうくらいで変な自信にもなりました。
まだ機械には負けないぞ・・・?

 これが翻訳ソフトで訳したものですが、比べてみて下さい。英文の方には始めから文字化けがあって、変な形になっています。(痴=isなど・・・)
 こうしたことが面倒な方は、始めから日本語版を購入しましょう。パッケージ版は3月10日発売で4千円くらいです。
 一番安いダウンロード版は3千円くらいで既に発売されていますが、クレジット・カード払いのみで登録が必要です。私はカードを持たないので購入できません・・・

 ※↓3.ツール・ピッカーと4.ツール・セッティング・パネルは順序が逆です。


ArtRage2.0 無料英語版のダウンロード
 まずはニュージーランドの Ambient Design 社のホームページを開きましょう。
上のようなページが出ますので、Windows版(2000/Xp) か Mac OSX版のどちらかを選んでクリックします。
 後は「実行」をクリックしていればインストールのセットアップ・ウィザードの画面が現れます。
 最初に英文の契約書が出ますが、I accept the agreement (同意する)にチェックを入れれば先に進めますので、後は Next をクリックしていれば良く、最後にInstall(インストール)をクリックすれば完了です。簡単でしょ?
 その他の細かいことについては、一月の間使いながらじっくり解説することにいたします。でも一番大切なことはツベコベ言葉で説明するよりも実際に描いた絵をお見せすることだと思うので、そちらの方に力を入れたいと思います。
 昨年ArtRage1.1で描いた絵については、(←)左サイド・バーの ArtRage1.1の絵 をクリックしてみて下さい。
 実際の使い方については、次回から少しづつやっていくことにいたしましょう。

※非公開コメントと、URLの判らない匿名のコメントは読まずに削除しています(匿名嫌い)
 (URLや名前を出したくない人はコメント広場には参加せず、見るだけにして下さい)

コメント

すみさん こんにちは。
ついていけるのか疑問ですが、 今、Art Rage 2.0 英語版
インストールいたしました。
カラーピッカーをちょっと使ってみました^^
明日からは、気持ち新たにチャレンジしますので、
どうぞ よろしくお願いいたします<m(__)m>

  • 2006/03/01(水) 13:00:00 |
  • URL |
  • mif-yu1018 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

mif-yuさん、こんにちは。
ArtRage2 くらい解説の必要の無いペイント・ソフトはありませんから、画像の保存方法さえ判れば後は使っている内に出来るようになります。
ともかく油彩でもクレヨンでもいいからキャンバスの上で描いていれば実際の画材と同じような絵になりますし、自由に色を作れるところは画材以上のものです。
若い頃は絵具や色鉛筆の100色セットなどに憧れたものですが、カラー・ピッカーがあれば幾らでも好きな色が作れるのだから良い時代です。そんなソフトが無料で手に入るなんて信じられないくらいですね・・・

  • 2006/03/01(水) 13:27:00 |
  • URL |
  • haruuo2 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

すごく親切な解説ですね。すばらしい。
Art Rageをダウンロードした時を思い出しました。
ちょっとやっただけで、後回しになってしまいました。
絵は苦手ですが、やってみたい気持ちは山々です。
今月中ごろから旅行の予定ですので、無理かな?

  • 2006/03/01(水) 19:50:00 |
  • URL |
  • mink330 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

minkさん、こんばんは。
ArtRageは1.1 も 2 も基本的には変わりません。
細かい点での描き味とか使いやすさで改良されている感じですね。
有料版ではレイヤーとかプラスアルファのツールが付きますが、なるべくお金をかけずにやることにします。
ありふれた材料と道具でも良い料理はできますからね。工夫次第です。

  • 2006/03/01(水) 20:19:00 |
  • URL |
  • haruuo2 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

すみさん こんばんわ~
今月もよろしくです。
うわ~いっぱい機能があって楽しそう
ゆっくり習ってみたいな~と思いつつ 今は時間が足りません。
ぜひいつか挑戦してみたいと思います。

  • 2006/03/01(水) 23:14:00 |
  • URL |
  • hatimitu0415 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

hatimituさん、こんにちは。
今月は無料ソフトなので気軽にできます。
日本語版もまたしばらくすれば出るみたいなので、それから始めても良いでしょうね。
今はとりあえずあるものでやっています。

  • 2006/03/02(木) 10:10:00 |
  • URL |
  • haruuo2 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

わ~何時もながら 親切! 保存で慌ててしまいましたが 何とかエクスポートで切り抜けました 日本が改良版が出たら 真剣にやってみようと思います

  • 2006/03/03(金) 14:19:00 |
  • URL |
  • aamui #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

aamuiさん、こんにちは。
ArtRage2は保存の仕方さえ判れば、後はいじっている内に判ります。
日本語版も有料版がある程度売れたら無料版も出すみたいだから、しばらく待っていればその内出るでしょう。

  • 2006/03/03(金) 17:50:00 |
  • URL |
  • haruuo2 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haruuo.blog99.fc2.com/tb.php/64-5db2f4f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。