「パソコンでお絵描き」 Illustration Blog

PCイラストのブログです。 最近は老母の介護ブログかも・・・

母と子供たち3 No.545

母と子供2

母は散歩していて子供がいると、すぐに近寄っていって話しかけます。 老人らしい話をするなら良いのですが、老人としての自覚が無く子供と対等(ため)で話をするから困ります。

 子供が何か持っていると「おばあちゃんにちょうだい」―と言って手を出すし、「おばあちゃんと喧嘩しようか、おばあちゃん強いよ」―と言って拳骨を出すので引き離さないとなりません。

 そばに母親が立っていれば判りそうなものなのに「お母さんは誰?」―と聞くし、「お母さん優しい?」―と聞けば良いものを「お母さん怖い?」―などと聞くものだから母親の顔がこわばります。 「すみませんね」―と言いながらその場から離れますが、一人の時は何を言っていることやら・・・

テーマ:イラスト - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

お母さま、子供さんと同等に対峙してるんですね。
いいじゃあないですか。
いろいろな人がいて、子供も社会性が育つんですよ。

  • 2008/05/31(土) 20:20:05 |
  • URL |
  • mink330 #DdotX70I
  • [ 編集 ]

「お母さん怖い?」―って聞くんですか?おもしろいですね~
そのほうがドラマチックですものね。
気がつきました。おかあさまはドラマチックなかたです(笑

  • 2008/05/31(土) 20:20:56 |
  • URL |
  • schoolt3 #DdotX70I
  • [ 編集 ]

mink330 さん、こんにちは。

母は大きな子供みたいです。
どんどん子供に戻っているという感じでしょうか。
この分だと、そのうち子供のおもちゃを奪うかもしれません・・・

  • 2008/05/31(土) 20:24:50 |
  • URL |
  • haruuo #DdotX70I
  • [ 編集 ]

school-t3さん、こんばんは。

母は単に空気が読めないだけだと思います。
正直なだけかもしれませんが、正直に言わない方が
良い場合もありますしね・・・

  • 2008/05/31(土) 20:29:12 |
  • URL |
  • haruuo #DdotX70I
  • [ 編集 ]

ほほえましい風景ですね。
が時として、すぐ切れる子供もいますので、
大人は適当に相槌しますが、、、。

私の近辺にも知能障害の方がおります。
周りで支えていかなければいけないと、出来るだけかかわって
少しでもともにいてあげたいと思ってます。

  • 2008/05/31(土) 22:20:23 |
  • URL |
  • tonkoid #DdotX70I
  • [ 編集 ]

tonkoid さん、こんばんは。

母はちょっとボケ始めていますから、少し話せば相手にも判ります。
でも完全な認知症という訳でもないのが難しいところです。
一見普通そうに見えて、時々変なことを言いますから・・・

母のことを知っている人なら良いのですが、そうでない相手には
気を使います。 
「怖いお母さん」―は困りますね・・・

  • 2008/05/31(土) 22:27:18 |
  • URL |
  • haruuo #DdotX70I
  • [ 編集 ]

haruuo2さん  こんばんは~・・・

 私も時々 子供と対等になって話をする事はありますよ
その方が 子供も喜んで 色々な話をしてくれます
此方から聞かないことまで 話してくれますから 子供って楽しいですよ

 お母さんがお話し相手があって どんな話をしようと あまり気になさる事は
無いと思います 何でも好いから会話をする事が良いのだと思います・・・。

  • 2008/06/02(月) 11:10:35 |
  • URL |
  • etyam #DdotX70I
  • [ 編集 ]

etyam さん、こんにちは。

話をするのは結構ですが、それでも言って良いことと悪いことはあります。
母はその区別がつかないから困るのですね。

母を知っている人ならボケているのが判りますが、
知らない人から見たら変なことをいう老人と思われるでしょう。
だからなるべくそばに付いているようにしています。

  • 2008/06/02(月) 11:16:40 |
  • URL |
  • haruuo #DdotX70I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haruuo.blog99.fc2.com/tb.php/703-85c6c6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad