「パソコンでお絵描き」 Illustration Blog

PCイラストのブログです。 最近は老母の介護ブログかも・・・

Adobe Photoshop Elements 2   No.245

今月はアドビ「フォトショップ・エレメンツ2」を使ってお絵描きいたします
 フォトショップ・エレメンツといえば写真編集ソフトの定番ですが、ペイント・ツールを使うと絵を描くこともできます――でも、あまり使っていませんでした・・・最初の起動に30秒くらいかかるし、ペイント専用のソフトに比べると使いづらいからなのですね・・・

 でもせっかくペン・タブレットに付属していたものだし、練習も兼ねてこれから一月じっくりと取り組んでみることにいたしましょう。

 ―という訳で、今月は私も初心に帰ってフォトショップ・エレメンツ(面倒なので、以下P.E)に向かいますので、あまり詳しい解説とかは期待しないで下さいね。

 P.Eは現在バージョン4が発売されているのを受けて、ペン・タブレットの付属ソフトも3が付いていますが、私は古いバージョンの2しか持っていないのでそれでやります。
 絵のためだけに、わざわざ買うほどのものでもないし・・・
(Windows版で14、500円、
乗換え版でも10、500円位)

豊富なブラシの種類


 P.Eはペイント専用ソフトではありませんから「クレヨン」とか「油彩」といった画材ツールは選べませんが、その代わりにブラシの種類はやたらと豊富です。

 一番多い「初期設定」と「筆圧」ブラシが65種づつ、他にも全部で13のブラシ・パレットがあり、私が多忙(?)な中で数えてみたところ351種類のブラシ・パターンがありました。 これを全部使ってみるだけでも大変です・・・

 左は上の「初期設定」ブラシを「リスト(大)表示」にしてみたものの一部ですが、水彩筆とか油彩ブラシとかオイルパステルとか画材の質感を出せるブラシはありますし、太さもスライダーで変えられるから慣れれば結構使えそうです。どこに何が入っているのか、覚えるだけでも大変だけど・・・

 ともかくこのブラシ、実際に描いてみないことには感じがつかめないので、慣れるまでは練習あるのみですね。


ツールと環境設定

                                                           










 P.Eは筆の形のアイコンがブラシ・ツールですが、ペン・タブレットの筆圧に対応していて、ペンのお尻に付いている消しゴム機能も使えます。
 アンドゥー(取り消し)は初期設定は19回でしたが、環境設定である程度カスタマイズできるので、使いやすいように調整しましょう。

 「編集」→「環境設定」→「一般」とクリックすると上の画面が出てきます。
アンドゥーとリドゥーの隣に「ヒストリー」(履歴)とあって「20」になっているので19回まで戻れますが、30に設定すれば29回前まで戻れます。

他にも「次へ」をクリックして別ページを開けば、カーソル(ポインタ)の形なども変えられます。

カラーピッカー
 色を作るカラーピッカーはツール・バーのパレットをクリックすると現れます。
Adobe(アドビ)のカラーピッカーは画面が大きめで一番下に16進数の色番号が表示されるのが良いところですが、Windows標準のものにも変えられます。
環境設定の「カラーピッカー」の設定をWindowsにすれば、下のようにも出来ます。


ブラシ・パレット
 今回はお絵描きがメインということでブラシ・ツールが重要になってきますが、これが使いづらいのがこれまで敬遠してきた一番の理由でした・・・
 ブラシは上のツール・バーでサイズ(太さ)と不透明度を選ぶのですが、それを調整するスライダーが使いづらいのですね。太さが100を超えるといきなり170以上に飛ぶし、特に小さい数値を選ぶのに微妙な調整がしにくいのです。数字で入力するのも面倒ですしね・・・
 ブラシも種類が沢山ある割にはウィンドウが小さくて選びにくいので、右下角にポインタを当ててドラッグすると大きく広げることができます。
 このブラシ・パレットの表示画面はポインタをキャンバス上で右クリックしても呼び出せるので、なるべく大きくした方が見やすいし全体に何が入っているかも頭に入れやすくなります。クリックすれば消えますから、全部が表示できるくらいに広げてみましょう。

ブラシ・オプション
 ブラシは「サイズ」と「不透明度」の他に「その他のオプション」をクリックすると「間隔」や「硬さ」など五つの細かい設定ができるので、自分なりのパステルや水彩ブラシに近いものを作ることも可能になります。
 面倒と思う方は使う必要はありませんが、自分なりの表現にこだわって鉛筆を削ったり筆の穂先を切りそろえたり・・・といったことが好きな人には楽しいツールです。
 一番下の「タブレット・サポート」にチェックを入れると、ペン・タブレットの筆圧が使えるようになります。
 上は色々とあるブラシのごくわずかのサンプルですが、「不透明度」を変えたりオプションで「間隔」を変えるだけどもかなり違った線になります。
 私もまだ少ししか試していませんが、今月はかなりブラシの質感にこだわったものになりそうです。ともかくブラシの種類がありすぎて、全部試してみるだけだって大変なのだから・・・ (全部使ってみないと気の済まないタイプ)

※非公開コメントと、URLの判らない匿名のコメントは読まずに削除いたします。  
あと、他人のコメントに失礼な横レスを入れたもの、無断トラックバックも削除しています。
質問コーナー」はありません。 これだけ書いてあるので、後は自分で調べて下さい。
 

コメント

すみさん おはようございます。
ソフトを持っていないので今回は眺めるだけになりそうですが、それにしても
ブラシの数は凄いですね。
いや~、私にはまだまだ使いこなせないかもしれない(苦笑)
このブラシを使ってどのような絵が完成していくのか
凄く楽しみにしています。

  • 2006/05/01(月) 10:58:00 |
  • URL |
  • ma-kom #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

すみさん こんにちは。
今月は、アドビ。 よろしくお願いいたします。
先程、アンドゥーの環境設定を30に調整いたしました。
ブラシ・パレット すごい数ですね、今まで気付かなかったのです。

  • 2006/05/01(月) 12:13:00 |
  • URL |
  • mif-yu1018 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

MAKOさん、こんにちは。
フォトショップ・エレメンツはペン・タブレットの付属ソフトで付いてきたものです。
写真の編集ソフトの定番ですが、ペイント・ツールを使って絵も描けます。
大抵のグラフィック・ソフトは写真編集と描画の両方が出来るようになっていますが、要は使いやすさと値段ですね。
もし絵のために買うのなら、2千円ソフトでも同じようなものがあるからそちらの方が良いでしょうが、マウスで描くだけなら必要ないものです。
今月は絵を見るだけにしておいて下さい。

  • 2006/05/01(月) 12:40:00 |
  • URL |
  • haruuo2 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

mif-yuさん、こんにちは。
アンドゥーはメモリーの容量によって幾らでも増やせるので、多いのに越したことはありません。それだけ安心して実験的なことができます。
今回は絵を描くのがメインとなるのでブラシが重要になってきますが、やたらといっぱい入っているのですね・・・
ブラシの種類が多いのは結構なのですが、もう少し用途別にキチンと並べてあれば・・・というのが正直な感想です。これだとどこに何が入っているのか、覚えるのが大変ですから・・・今回は筆圧が使えるので面白いですけどね。

  • 2006/05/01(月) 12:46:00 |
  • URL |
  • haruuo2 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

へぇ~いろんなことができるんだなぁ…いっぱいブラシがあるんだなぁ…
今のところそこらへんで止まってます・笑
これを使いこなせれば表現の幅が格段に広がりそうですが、
Sumiさんのおっしゃる通り、全部を把握して使いこなすには
相当な時間を費やす必要がありそうですね☆
今回は筆圧なども関係してペン・タブレットが主役のようなので
マウス専門のわたしは予備知識として勉強させていただきます♪

  • 2006/05/01(月) 15:46:00 |
  • URL |
  • SALA0416 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

SALAさん、こんにちは。
フォトショップ・エレメンツは写真の編集がメインのソフトですが、今回はお絵描きに使ってみます。
特にペン・タブレットが無くても使えますが、まあ「こんなことも出来る」――という見本を並べてみますので、出来そうなものがあればやってみて下さい。
Windowsの「ペイント」とは比べものにならないくらいツールが沢山あるので大変ですが、使いこなせればかなりの絵が描けるでしょう。
私の場合、せっかくあるのだから使ってみようという「もったいない」の精神ですけどね・・・

  • 2006/05/01(月) 16:24:00 |
  • URL |
  • haruuo2 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

フォトショップ4.0が入っているので、ブラシを見て見ました。ビックリ。
こんなに種類があるとは思いませんでした。
それで色々遊んでいたら、時間ばかりが経っていました。
面白かった~

  • 2006/05/02(火) 18:18:00 |
  • URL |
  • mink330 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

minkさん、こんばんは。
フォト・ショ2は写真の編集だけでなく、ペイント・ツールのブラシもやたらと種類が豊富です。
他にも図形ツールの種類やその「スタイル」を決めるパレットも沢山あるし、これから少しづつやって行きますが、その気になればかなりあそべます。
グラデーションやパターンも面白いですけどね・・・

  • 2006/05/02(火) 20:29:00 |
  • URL |
  • haruuo2 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

すみさん、こんばんは。
私はあいかわらず、photpshopで試行錯誤しています。
私のはエレメンツではないのですが、すみさんがどんなふうに
使われるのか、とても楽しみです。
私は、全部使ってみよう、なんて考えもしませんので…。
(使ったことのないツールの方が多いはず)
色々参考にさせていただくつもりです。
楽しみにしています。

  • 2006/05/03(水) 02:58:00 |
  • URL |
  • glran #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

glranさん、こんにちは。お久しぶりですね。
Photoshopというと、あのIllustratorと並んで9万円位するソフトでしたっけ?
私は高価なソフトは使ったことないので比較のしようもないのですが、今回使うのはペン・タブレットに付属のバンドル版です。
ツールに関してはとりあえず使ってみないことには何が出来るか判らないので一通り試してみて、その上で自分なりの表現方法を見つけるようにしています。
普段だと使いにくいソフトはインストールしただけで出番が無いのですが、こうして毎月使うソフトを決めてやっていると嫌でも覚えるので、一番勉強になっているのは自分かもしれません。

  • 2006/05/03(水) 08:53:00 |
  • URL |
  • haruuo2 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

色付きの文字

私はフォトエレ02をずっと使っていますが、こんなにブラシツールの種類があるなんて驚きです。
先日も、ブラシツールを使ってクリスマスカードを作ったのですが、時間の経つのが解りませんでした。
使ったブラシツールが解らなくなるので、番号をメモしました。

  • 2010/11/23(火) 19:49:13 |
  • URL |
  • hiro #L1ch7n1I
  • [ 編集 ]

hiro さん、こんにちは。

こちらはめったに開かないので、返事が遅れてごめんなさい。

この記事はかなり以前のものですが、FE2は写真の編集がメインであまりお絵描きには使っていません。
でもブラシの種類が豊富なので、ペンタブレットの筆圧を生かした筆文字とか、文字入れのエフェクト(特殊効果)などで時々開いています。
起動が遅いのがあまり使わない一番の原因ですが・・・

コメント、どうもありがとうございました。

  • 2010/12/01(水) 10:26:50 |
  • URL |
  • すみ #DdotX70I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haruuo.blog99.fc2.com/tb.php/94-2001fb4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad